2017年08月31日

ヴォルカー「アメリカはロシアと個別の交渉しない」

 こちらによると、ヴォルカー・ウクライナ担当米国特別代表は、ロシアと個別の交渉はせず、ミンスク合意の履行を求める、と述べた。
以下、関係個所のみピックアップ。

Q ミンスク合意が今のところ、うまくいってませんが。
ヴォルカー「ウクライナの国境と平和を回復するという点では、合意はうまくいっていないが、ロシアがミンスク合意に関与する限りは、制裁の根拠となる」

Q ミンスクとキエフを訪問し、ロシアやウクライナの政府関係者と会談してきました。ロシア側から「新しいアイデアとアプローチ」について話し合われたと報道されてますが。
ヴォルカー「現状維持はロシア、ウクライナ、ドンバスの人々、誰にも利さないということで合意した。事実、事態は悪化しており、事態を動かす必要がある。また、新しいアイデアについては、安全についてだ。ロシアはロシア語話者の安全を懸念しており、実をいうと、ロシア語話者が危険を蒙っている場所はロシア軍が管理している場所なのだ。従って、ロシア軍以外に安全保障を提供できることが可能であれば、それが良いということになる。

Q アメリカがウクライナや独仏とは個別にロシアと交渉してしまうのではという懸念がありますが。
ヴォルカー「まったくあり得ない。独仏とはロシア側との交渉前に密接に話し合っている。アメリカはノルマンディープロセスを完全に支持しており、それに加わるとかその上部になろうとは思っていない。

Q クリミア問題を凍結する、というアイデアがリントナードイツ自由民主党首から出てますが。
ヴォルカー「同意できない。クリミアとドンバスに違いはない。ミンスク合意はドンバスのみが対象であるが、一方の問題解決が他方の人質となるとは思わない。
--------
これでは何も動きませんな〜 
現状維持で一番困るのは、ドンバスの住民(社会経済状態の悪化)、ロシア(金ばかりかかる)、アフメトフ(笑)
困らないのは、ウクライナ、人民共和国政府
その中間が、アメリカと独仏、という構造。
 なんとなく米ロのサシ交渉でウクライナ問題を解決しようとしたクレムリンの目論見が完全に破綻したようにもとれる。
posted by 藤森信吉 at 15:17| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィルターシ、スペイン送還を免れる

 こちらによると、オーストリア裁はフィルターシのスペイン送還要求を却下した。
 ウィーン地裁はウクライナのオリガルヒ、フィルターシのスペイン送還を却下した。スペイン当局は具体的な証拠を示せなかったためであり、「政治的動機」と断言された。ベームドルファー元法相らで構成されたフィルターシ弁護団は、「アメリカの要請でスペイン司法が政治的動機でフィルターシ氏の送還を要求した」と述べた。スペイン当局は2016年にオーストリア最高裁にフィルターシの逮捕要求した。容疑は「モギレヴィッチに次ぐロシアマフィアのリーダーで賄賂や脅迫を行ってきたこと」であり、その下位レベルがスペインでマネーロンダリングを行っていた、という。
----------
モギレヴィッチとは懐かしい名前が。取り敢えず、フィルターシはウィーンに滞在し続けられるようです。
posted by 藤森信吉 at 14:08| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

沿ドニエストル、出稼ぎ送金が回復

 こちらによると沿ドニエストルへの送金額が急増している。
 沿ドニエストル銀行のデータによると、自然人の沿ドニエストルへの電信送金額(銀行口座を非経由)はドル換算で703万ドルに達した。これは6月比で70万ドル、前年同期比で440万ドル増である。490万ドルはロシアからで、次いでイスラエル(35万)、アメリカ、トルコ、モルドヴァ、イタリア、ドイツ、ウクライナ、イギリス、UAEと続く。
------
 6月に沿ドニエストル・ルーブルを切り下げたので、出稼ぎはますます盛んに。
posted by 藤森信吉 at 13:29| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

国内難民数は157万人

 ウクライナ社会政策省によると、
8月28日時点でのドンバスおよびクリミアからの難民数は1576135人、1276900家族である。
これまで18億8957万フリブナが供与されている。
--------
 年始のデータでは 165212名だったので、8万人ほど減っていることになる。ドンバスに戻ったのだろうか、あるいは出国したのか。
posted by 藤森信吉 at 12:13| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

ポロシェンコ、アメリカに国連平和維持軍のドンバス導入を提案

 こちらによると、ポロシェンコ大統領はマティス米国防長官と会談した。
 両者はドンバスにおける国連平和維持軍の展開について協議した。大統領は「斯様な国際的なプレゼンスは和平合意の政治路線の進展に安全な環境を提供する」と述べた。
 これについて、ロシア外務省は「ミンスク2の履行過程を換骨奪胎し、自らの義務履行を回避しようとするいつもの試みである」と批判している。
posted by 藤森信吉 at 14:46| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォルカー米特別大使「ウクライナのNATO加盟は時期尚早」

 こちらによると、ヴォルカー・ウクライナ担当米国特別代表は、テレビ局とのインタビューにおいて、ウクライナはNATO加盟は時期尚早である」と述べた。
 ヴォルカー氏は「ウクライナを尊重しているが、ウクライナにNATO加盟の用意ができていないと思う。NATOは、ウクライナが現在抱えている情勢を受け入れる用意はある」と述べた。また、ウクライナのNATO加盟準備には多くの時間を有するが、「アメリカもEUもロシアも、ウクライナは独立国でありウクライナがいつNATO加盟国となるのかは、完全にウクライナの決定によることを理解しなければならない。しかし、これはウクライナがNATO加盟承認に近づいていることを意味する訳ではない」として、特にウクライナの汚職問題に懸念を表明した。


 
posted by 藤森信吉 at 01:20| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

沿ドニエストル大統領「国家承認を国連に提案すべき」

 ロシア議会新聞のインタビュー記事において、「ロシアは国連で沿ドニエストル承認問題を提起すべきだ」と述べた。
Q 22日にモルドヴァが、ロシア平和維持軍の撤退に関して提起を行ったが、何故モルドヴァ側はこのような行動をとったのだろうか
「平和維持軍は、92年7月21日にロシアとモルドヴァ大統領が調印し、沿ドニエストル大統領も同席した。また、モルドヴァ警察と沿ドニエストル部隊とロシア平和維持部隊からなっている。25年間、条約の正統性に疑問は呈されなかったし、平和維持のフォーマットも効果的に作用してきた。モルドヴァの立場は誠に奇妙である。

Q 紛争が起こる現実性は?
「ロシア平和維持軍がなければ侵略の抑止力はなくなり、紛争が再開される危険性は非常に高くなる」

Q 国連総会で正統性を訴える可能性は?
 「国連は承認国のみである。9月2日に独立27周年を迎え、我々は共和国の自立性を証明しており、あらゆる機会に自らの立場を示してきた。国連で我々の立場を説明できれば、国際社会の見解も変わるであろう。そのためにはロシアの立場が重要であり、国連においてロシアは事実上、沿ドニエストルの立場を代表している。モルドヴァが国連でロシア平和維持部隊の撤収問題を提起するのであれば、沿ドニエストルの承認を国連で求めるべきである」
--------
行間からロシアに対する苛立ちが伝わってくる。未承認国家がパトロンに頼っている以上、パトロンによって殺されることも起こりうる訳だ。
posted by 藤森信吉 at 14:08| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

モルドヴァ、国連でロシア軍平和維持部隊問題を提起

 こちらによると、モルドヴァ国連代表部は、第72回国連総会の議案に沿ドニエストルからのロシア平和維持部隊撤退問題を含めるよう提案した。
 それによると、ロシア部隊の存在は「国際社会の持続と安全の脅威となる」としている。「無条件で秩序だって完全に外国の軍事力がモルドヴァ領から撤収するよう」国連が支持し、プロセス完遂を見守るよう要請している。国連大使は、1999年のOSCE宣言「ロシアがモルドヴァ領から2002年末までにロシア軍を撤収させるとのコミットメントを歓迎する」を引用し、これまで関係国は、様々なフォーマットでこの問題を解決しようと努力してきたが失敗した、しかし、どの国も合意なしに他国領に軍事力を展開してはならないという国際法の侵害を許してはいない、と述べた。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 14:16| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア、人民共和国炭の迂回輸出を認める

 こちらによると、ロシア・エネルギー省は、人民共和国の石炭がロシアを経由して輸出されていることを認めた。
 ヤノフスキー・エネルギー省次官は「ドンバスの石炭はロシアに供給され、ノヴォチェルカスカヤ発電所で利用される。大部分はロシア領を経由して輸出に回される」と述べた。しかし具体的な量については言及しなかった。
 ウクライナは2017年1月末に鉄道輸送を封鎖し、親ロシア分離主義者との通商を停止したため、現地の炭鉱は販売先をウクライナからロシアに変更した。ノヴォチェルカスカヤ火力発電所はガスプロム傘下にあり、年300万トンの石炭を消費している。ウクライナのDTEK社は2014年以前に数年間、同発電所に石炭を供給していたことがある。ガスプロム・エネルゴ・ホールディング社は、現在、同社が持ちている石炭は全てロシア産である、としている。
posted by 藤森信吉 at 13:55| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポロシェンコ「ウクライナ軍はロシアによって骨抜きにされていた」

 ポロシェンコ大統領は独立記念日、演説を行い、国軍の重要性を訴えた。大統領は、独立記念26周年式典で展示される兵器を前にして、過去数年においてウクライナ軍に対する横領や戦力低下に関わった関係者は責任を取らせる、と述べた。
 革命前、ウクライナ軍はロシアのプロパガンダの影響により安心しきっており、「ウクライナに対する差し迫った脅威はない」などと公式文書に記されていた。また、軍だけでなく、社会も、軍事ブロックは不要で中立で由としていた。ウクライナ軍は戦いの用意がでてきおらず、ウクライナ国防省の前指導部のもとで兵器を削減し、汚職で武器を売り払っていた、そのため、兵器は全く不足していた。また、当時のウクライナ政権の命令で2010-12年にウクライナ国軍の将官が頻繁にGRUを訪問していた。ウクライナ軍の改革やらノウハウ交換やらと称して、ウクライナ軍の戦闘能力はゼロになってしまった。準備は万端になり、2014年春に、ロシアは攻撃を企てた。しかし今やウクライナ社会の愛国心の高揚、志願兵とボランティアの活動、ウクライナ軍の真のヒロイズムと新政権の責任性によって攻撃は挫かれている。プーチンの電撃作戦は失敗したのだ。
--------
 軍事パレードでは、イギリス軍、ジョージア群、エストニア軍、カナダ軍、ラトヴィア軍、リトアニア軍、モルドヴァ軍、ポーランド軍、ルーマニア軍、アメリカ軍の部隊が行進したとのこと。外国軍の部隊が参加したことってこれまでありましたかね。
posted by 藤森信吉 at 13:39| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

ケルチ架橋でマリウポリ港ピンチ

 ウクライナ・一時的被占領地域・国内避難民問題省によると、
ケルチ橋建設により、大型船の通航に制限が加えられる可能性がある。
 「国連海洋法条約に反し、ロシアは海峡通過に際し、喫水線上33m、全長160m以下に通航を制限する要求を出している。これを適用すると昨年度のマリウポリ港に入港した144隻(全隻の23%)がこの制限にひっかかることになる。マリウポリ港へは1万トン以下しか入港できないことになり、船輸送の競争力に影響を与える。
 第44条 海峡沿岸国の義務
 海峡沿岸国は、通過通航を妨害してはならず、また、海峡内における航行上又はその上空における飛行上の危険で自国が知っているものを適当に公表する。通過通航は、停止してはならない。を想起されたい」



-------
 ケルチに架橋するついでにマリウポリ港の競争力を削ぐとは。 一々セコいな、ロシアは(笑)
posted by 藤森信吉 at 02:40| Comment(4) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

ロシア「ウクライナのアメリカ炭輸入は単なるシンボル」

 こちらによると、アメリカからの石炭がウクライナに到着した。9月初には消費者に届く予定である。
 これに関し、ロシアの独立炭鉱夫労組副議長は、アメリカからの対ウクライナ供給量は年末までに70万トンであり、他方ロシアは2016年に3億8540万トンを採掘しており、何の脅威にもならない、と述べた。また、格付け会社АКРА代表は「ウクライナ政府は舶来の石炭にご機嫌だが、価格と質の面でアメリカ炭は主要な供給源とはならない、量も少なくて、政治的とすらいえまい。ロシアからの無煙炭価格は5500ルーブリ水準(100ドル以下)であるが、輸送費を考慮すると15ドル追加になる。ロシアからの供給はDTEK社経由で続いている」と述べた。
 また、こちらによると、ヤノフスキー・ロシア・エネルギー次官は「アメリカ炭によってロシア炭の輸入量が減ることはない、我々はウクライナにコークス炭を輸出し、無煙炭はDNR・LNRから、断交後は他国が補っている。我々は無煙炭を供給したことはない」と述べた。
--------
ロシア次官のコメントは公式立場? ロシアの通関統計でも、無煙炭の対ウクライナ輸出が記録されているのだが。
posted by 藤森信吉 at 13:53| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

Westinghouse社のシェア、上昇

 こちらによると、2017年1-6月期、ウクライナは2億1280万7900ドル相当の核燃料を輸入した。
 内ロシアTVEL製が1.3億ドル(61%)、スウェーデンWestinghouse製が8273万ドル(39%)であった。
Westinghouse Electric Company社によると、同社は2017年から2020年にわたり、毎年核燃料集合体を6器ずつ納入予定である。
2016年、ウクライナは5.488096億ドルの核燃料を輸入し、内ロシア製は3.86782億ドル、スウェーデン製は1.62276億ドルであった。
----------
ウクライナ政府が推進する対ロ・エネルギー依存の解消がついに核燃料にも波及。かつては独占状態にあったTVELのシェアがジワジワと減らされている。というか、天然ガスだけが例外で、実はウクライナ・ロシア両国はエネルギー問題で揉めていないんだよね。核燃料も、マイダン直後の治安悪化時を除けば、計画通りにロシアから納入されている。
posted by 藤森信吉 at 00:31| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

モルドヴァ人の海外旅行者数、激増

 こちらによると、モルドヴァ人の海外旅行者数は前年同期比31.5%増を記録した。
 旅行代理店で予約した旅行者について国家統計局がデータを発表した。上半期の旅行者数は8万5千人であり、前年同期比で31.5%増であった。最も人気がある観光地はトルコで32.6%、次いでブルガリア(20.4%)、ルーマニア(18.4%)、ギリシャ(9.8%)、エジプト(3.9%)、ウクライナ(3.3%)、イタリア(1.5%)、チェコ(1.4%)、UAE(0.7%)となっている。
 他方、同期間中にモルドヴァで6700人(16.7%増)の外国人が余暇を過ごした。内訳はルーマニア国籍人14.2%、ロシア国籍人10.3%、オーストリア国籍人7.9%、ポーランド、ウクライナ、ギリシャ、ドイツ、アメリカ、イギリス、と続く。
-------
モルドヴァの場合、観光なのか出稼ぎなのか判別が難しいので、旅行代理店のデータを使ったのだろう。文面からすると、ツアー客の統計か。ブルガリア、ルーマニアは当然として、トルコやギリシャもバスかな。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 12:21| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

ロシア侵略による一般市民の被害者数は2500人以上

 ウクライナ外務省は、8月19日世界人道デーに際し、ドンバスの人道状況に関する声明を発出した。
 それによると、過去3年間のロシアのドンバス侵略による民間の犠牲者は2500人以上、7000-9000人が負傷している。2017年上半期だけで400人以上の民間犠牲者が出ており、これは前年同期比61%増である。
 また境界線上に敷設された地雷により80万人以上のウクライナ人が生命の危険にされさている。
 160万人のウクライナ人が疎開し、国内難民として登録されている。これはウクライナ総人口の4%にあたる。境界線上の両側に居住する380万人は、人道援助を必要とする状態にある。
一方、こちらによるとドネツク人民共和国の人権問題局は、2017年1月1日から8月17日の間、ドネツク人民共和国領内で212名が犠牲になり、うち187名が軍人、25名が未成年を含む民間人であった。また同期間中477名が負傷、289名が軍人で188名が民間人であった。紛争開始から、領内では4501名が犠牲となり、うち605名は女性であった。
posted by 藤森信吉 at 14:36| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

アフメトフ、エネルゴ株を買い増し

 こちらによると、SCM社はザヒドエネルゴとキエフエネルゴの株式の落札に成功した。
 SCM社の子会社オルネックス社は、ウクライナ国有財産基金が所有するザヒドエネルゴの株式25%およびキエフエネルゴの株式25%の落札に成功した。落札価格はそれぞれ4億1716万フリブナおよび7億5963万フリブナであった。
 同社は16日にもドネツィクオブルエネルゴの株式25%を1億4381万フリブナで落札している。
SKM社の株式100%はアフメトフが所有している。
 これまで、アフメトフ氏はDTEK社およびその他関連企業を通じて、ザヒドエネルゴ株の70.91%、キエフエネルゴの72.39%、ドネツィクオブルエネルゴの71.5%を所有していた。
-------
 エネルゴ(電力供給会社、傘下に発電所)の株式を買い増しして、誰かに支配株率(25%)を持たれるのを防ぐ作戦。ドンバスは死んでもアフメトフは未だ死なず。
posted by 藤森信吉 at 12:47| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

ウクライナの生活保護世帯数は540万

 こちらによると、ウクライナでは542万9000世帯が生活保護を受けている。
 リヴァ・社会政策相によると、現時点で542万8949世帯が生活保護を受けており、また暖房シーズン末時点では614万5329世帯が補助金を受けていた。今年度はじめからの財政支出額は350億フリブナに達している。
---------
 ウクライナの世帯数は1500万くらいだから、おおよそ1/3が生活保護を受けているということに。日本と同じくらいか。
posted by 藤森信吉 at 12:37| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

輸入乗用車数、倍増

 ウクライナ自動車製造者協会によると、2017年上半期、ウクライナに6万9700両の乗用車が輸入された。これは前年同期比で倍である。
 総価値は9億5950万ドルで、平均の通関申請価格は1万4100ドルで前年同期比3200ドル安だった。平均価格の低下は、中古車の割合が増えているからであり、その割合は41%に及んでいる。
 輸入先はドイツから1万5700台、次いで日本から8200台、フランス6400台、アメリカ、ルーマニア、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、イギリス、トルコ、と続いている。
-------
 日本やイギリスがランクインするということは、右ハンドルもOKということか。関係ないが、昔、ウクライナ大使館(日本家屋時代)の前に路駐していたウクライナ大使車が中古のブルーバードで思わず涙したことがある。
posted by 藤森信吉 at 02:27| Comment(4) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

ウクライナの対ロ貿易、V字回復中

 ウクライナ国家統計局によると、2017年上半期の対ロシア貿易輸出額は前年同期比26.4%増、貿易輸入額は同増41.5%だった。
 2017年上半期、ウクライナの貿易輸出額は206億5200万ドル(前年同期比プラス24%)、貿易輸入額は225億3370万ドル(プラス30%)、対ロシア貿易輸出額は19.3億ドル(前年同期比プラス26.4%)、貿易輸入額は29.9億ドル(プラス41.5%であった。
 輸出に占めるEU諸国のシェアは40%、CIS諸国のシェアは15%、ロシアのシェアは9%、輸入に占めるEU諸国のシェアは42%、CIS諸国は22%、ロシアは13%だった。
------
 対ロ貿易輸出額は伸びているが、全輸出額の伸び率とほぼ同じ。対ロ輸入額の伸びは非常に大きい。石炭輸入の増加が寄与しているのか?
posted by 藤森信吉 at 12:45| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

コークス生産激減

 こちらによると、1-7月期のコークス生産は前年同期比でマイナス21.4%だった。
 コークス企業合同ウクルコークスによると、冶金産業は生産を増やしており、ドニプロ・金属コンビナート(DMK)は操業を再開したため、コークス需要が高まっている。アブジイフカ・コークス工場は最大稼働体制に入り、ユーラス・ユジコークスも同様に生産を増やしている。
 他方で石炭については十分でなく、アメリカ、ロシアから輸入し、一部はカザフスタンからもたらされている。ウクライナ炭と輸入炭の比率は26-28% 対 74-72%である。
-------
 ウクライナ支配領域のコークス工場が生産を落としているのは、人民共和国炭が入らなくなったせいだが、それに加えて鉄鋼需要が低迷していたため、とも読める。
こちらに表が出ているが、"Алчевсккокс"(ウクライナ側の立地)が生産量をやたらに落としている。人民共和国側に立地しているコークス工場も悉く生産量を落としているところを見ると、2017年3月からのドンバス経済封鎖はどちらも幸せにしていないようだ。
posted by 藤森信吉 at 12:53| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする