2017年08月02日

アフメトフ企業、ドンバス封鎖の損失を克服

 こちらによると、DTEK傘下企業は、ドンバス経済封鎖にも関わらず石炭増産となった。
 DTEK傘下の炭鉱は、2017年1-6月期に1480万トンを産出、これは前年同期比91万トン(6.6%)増の数字である。特にロシアのオブホフスカヤ炭鉱が136万トンを産出した。ウクライナ部での産出量は1345万トンで前年同期比4.6%増であった。ドンバス占領地域で経営権を喪失したにもかかわらず産出量が増加しているのは、ウクライナ支配地域内の炭鉱のマークG炭ガス用炭が18.9%(184万トン)増産され、1157万トンに達したためである。
 2017年上半期のDTEK社の発電量は171.2億kWh(前年同期比マイナス4.2%)であった。同期間中、DTEK Energoの火力発電は同社のマークG炭を用いて118億kWh(プラス12.3%)発電された。同社の電力輸出は40.5%(8億8140万kwh)増の30.6億kwhに達した。また、石炭輸出はマイナス43.4%の45万6000千トンとなった。同期間中、18.6万トンの石炭を発電のために輸入している。
 DTEK傘下の工場への石炭供給量は、ATO地域の経営権喪失に関連してマイナス28%の98万1千トンであった。
--------
マークG炭( марке "Г")の日本語訳はガス用炭となるようです。
さて、この記事から分かることは
・火力発電所の無煙炭からマークG炭への転換が進行中
・発電事業はモルドヴァ向け輸出も加わり好調
・人民共和国による炭鉱の経営権掌握の影響は火力発電ではなく、その他の産業(鉄鋼か?)に出ている
・アフメトフはしぶとく生き残っている
posted by 藤森信吉 at 17:39| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MGRES、上半期の発電量マイナス30%

 モルドヴァ国営地区発電所によると、2017年上半期の発電量は1440.537百万kWhで前年同期比マイナス30%だった。また2-6月にかけてガスタービンおよび第7,10,11号炉の改修を行っていたこと、2017年度の改修計画を遂行中であることも発表した。
-------
4月1日以降の輸出契約が失効、6月5日から70%契約回復、ということなので、おおよそ計算に合う。改修を行っているということは、まだまだ発電事業を続ける意思がある証拠か?
posted by 藤森信吉 at 00:31| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

クリミア観光人気、第二位

こちらによると、クリミア観光は、ロシア観光客のレーティングで第二位を占めている。
 ロシア観光業協会によると、一番人気はトルコであり、次いでロシアの海岸部-ソチ、クリミアが夏季休暇のトップ5の座にとどまっている。人気はギリシャ、キプロス、スペイン、ブルガリア、モンテネグロ、イタリアと続く。
  観光業界によると、予約状況は危機以前のレベルに戻っており、夏末までこの傾向は続く、としている。
8月のトルコ旅行は84000-86000ルーブリ、ギリシャ、キプロスは8000-10000ルーブリ、チュニスは73000ルーブリ、スペインは120000ルーブリを要する。他方、ロシア国内では平均60000ルーブリである。
-------
日本人的には「グアムにするか沖縄にするか」みたいな感じか? この価格差なら断然トルコ。
posted by 藤森信吉 at 08:30| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザハルチェンコ「小ロシアの議論は今後も続ける」

 こちらによると、ザハルチェンコ・ドネツク人民共和国元首は「小ロシア創設の反響に驚いている。議論は今後も続けていく」と述べた。
 ザハルチェンコ氏は、一週間内にウクライナ全土から、膨大な反響、コメント、提案が寄せられたが、小ロシア創設のアイデアは具体的な提案を行う必要があり、今後も取り組み、事態を分析していく、と述べた。また、小ロシアという名称、首都の位置、国旗、国章についても反対意見が出され、ウクライナの全地域の代表が集まる創設会議の構成、フォーマット、時期についても議論された、最終的な決定は採用されなかったが、最も重要なのは議論を続けていくことだ、と結んでいる。
-------
早くもトーンダウン(というか、誰も相手にしていなかったが)。「今後も議論していく」=「善処します」「精査します」(官僚用語)といったところか。何でこんな荒唐無稽な構想をぶち上げたのか、ますます謎。
posted by 藤森信吉 at 00:03| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

ポロシェンコ「アイヴァゾフスキーはウクライナ人」

 ポロシェンコ大統領はfacebook上
「200年前、フェオドシアにおいて偉大な芸術家イヴァン・アイヴァゾフシキーが生誕した。我らの先祖を敬おう!」と記した。
------
 え? 
ロシア帝国の国勢調査で、アイヴァゾフスキーがウクライナ語を母語として申告した記録でも出てきたんですか?

posted by 藤森信吉 at 16:03| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キエフの不動産市場、低迷

 こちらによると、キエフ市の不動産市場の成約物件数が激減している。
 1-6月期、2640の住居物件が売買された。前年同期は4220件であり、新築物件の成約数はマイナス46%、中古物件はマイナス29%であった。
 新築の成約物件数の激減は、ウクライナの生活水準の低迷だけでなく、フリブナ為替レートの安定が原因である。成約数の92%が3万ドル以下の住居物件であり、7万ドル以上の物件数は2%に過ぎない。伝統的に最も需要が多いのは一部屋アパートである。
--------
 札幌で林立するタワーマンションの最上部は、貧乏な道民ではなく専ら外資の投機用と聞く。ロシア資本追い出したりしてキエフの不動産業界は困らないのかね。
posted by 藤森信吉 at 13:51| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

ルーマニア、ラゴージンのモルドヴァ・沿ドニエストル訪問を阻止

こちらによると、ラゴージン・ロシア副首相のモルドヴァ訪問は、ルーマニアが上空通過を拒否したため、キャンセルとなった。
 ラゴージン一行は、ミンスクから離陸した後、ルーマニア側から上空通過を拒否されモスクワに戻った。ラゴージン副首相は、ドドン・モルドヴァ大統領の招待でモルドヴァを訪問し、そののち、ドドン大統領とともに沿ドニエストルのベンデル市で平和維持軍25周年式典に列席し、クラスノセリスキー・沿ドニエストル大統領と会談する予定であった。 
 ラゴージン副首相はTwitter上で「ルーマニア政府はS7便の乗客を危険にさらした。燃料はミンスクまで間に合った。悪党ども、回答を求める」と記した。S7便はウクライナ領通過を避けるルートをとっており、これまで問題は生じていなかった、ルーマニアが通過を拒否した後、燃料問題からブタペスト空港への着陸を求めたがハンガリー側から拒否された、とも付け加えた。
 モスクワ・キシナウ定期便に制裁対象の人物が搭乗した場合、ルーマニア領を通過することを禁じられている。 ルーマニア外務省は、ラゴージンが搭乗する便が領空を通過することをそもそも許可していない、と回答している。また、ドドン・モルドヴァ大統領は「モルドヴァ・ロシア間の戦略的パートナー関係を損なうことに向けらている」と本行為を非難した。
--------
 ラゴージン閣下はEUの制裁リストに入っているので、ルーマニア、ハンガリーは手続き上拒否した、ということのようです。しかし、ルーマニア政府、モルドヴァ政府・議会、ドドン大統領、沿ドニエストル、ロシア政府、とアクターが入り乱れてますな。ラゴージンは沿ドニエストルの首に鈴をつけに来る訳だから、行かせてあげる方が得策のような気も。
posted by 藤森信吉 at 14:26| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

ウクライナの平均月給は285ドル

 ウクライナ政府は、7月1日時点での平均月給は7360フリブナで1年間で37.9%増となった、と発表した。5月比でも7.6%増となった。実質賃金では前年同期比18.9%であった。
 工業界、輸送業界、IT、通信業で平均以上の上昇がみられた。6月の教育業界の平均月給は7151フリブナ、保健業界は5374フリブナであった。キエフ市は全国平均より1100フリブナ高かった。
posted by 藤森信吉 at 11:59| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

ティモシェンコ党、支持率トップ

 こちらに、ウクライナ世論の政党支持率が掲載されているので簡単に紹介。 
 デモクラティック・イニシアチブ、ラズムコフセンター共同の世論調査、2017年6月9-13日、2018名を対象。

・期限前選挙の実施を支持するか
 支持する 48.0%、支持しない 35.4%、回答困難16.7%
支持率 西部36.2%、中央部47.7%、南部42.8%、東部61.1%
・支持政党(投票に行くと回答した者のみ)
 祖国党(ティモシェンコ)11.2%、ポロシェンコ連合党9.3%、野党連合党8.4%、国民ポジション党8.3%、
生活党7.7%、ラディカル党(リヤシコ)7.3%、自助党5.8%、スバボーダ党4.3%
-------
地域別の政党支持率を見ると、野党連合、生活党は西部でまったく人気がないが、他方で、祖国党、ポロシェンコ連合、さらにはラディカル党も、南部や東部でもかなり支持を得ている。与党の全国的な支持は分かるが、ティモシェンコ党やラディカル党は政権を批判することで、現状に不満な西部で人気を得ているのだろうか。
 
posted by 藤森信吉 at 14:45| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

ドネツク人民共和国への電力カット実施

こちらによると、26日、Ukrenergo社は債務累積を理由にドネツィク州占領地域への電力供給を停止した。
 コヴァリチュークUkrenergo社長代行は、占領地域内の電力自給について、「ルハンシク州占領地域ではルガンスク火力発電所がカバーするのは域内需要の50-55%、ドネツィク州占領地域の火力発電所は50.7%である」と伝えた。今日、電力カットを実施したことについては、3月から進められており、ルハンシク州では先んじて5月には停止作業が完了した。ドネツィク州では、消費者の一部が占領地域側の電力を受けていたため、作業が難航した、と述べた。また、ドンバス占領地域の電力供給については、ルガンスク(人民共和国)は、事実上100%、500KVラインを通じてロシアのシャフトゥイ変電所からパベーダ変電所へ供給されている、ドネツク(人民共和国)はロシアのルストフ州から伸びる220KVラインおよび域内2つの火力発電所によって需要を全てカバーしている、したがってウクライナ側で発電された電力を必要としない、とした。
posted by 藤森信吉 at 11:33| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

トランプ、突如ウクライナを批判

 25日、トランプ大統領はtwitter上で、ウクライナ側がクリントン候補が有利になるようにトランプ陣営のキャンペーンを妨害した、検察は何やっているんだ? と呟いた。
Ukrainian efforts to sabotage Trump campaign - "quietly working to boost Clinton." So where is the investigation A.G.

 これに対し、在アメリカ・ウクライナ大使館は、いかなる候補への手助けもしていない、とtwitter上で反論した。
We stand by our words that the government of Ukraine didn't help any candidate in Election. Ukraine is proud of bipartisan support in the US

--------
 クリントンへの援護射撃、したよね。
2016年8月に、地域党・マナフォート(当時、トランプのキャンペーン責任者)への資金関係を暴露して、マナフォートを辞任に追い込んだことをお忘れか。
http://masteru.seesaa.net/article/441200485.html
posted by 藤森信吉 at 18:56| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

ボルカー米ウクライナ問題代表、ドンバス視察

 こちらによると、ボルカー・アメリカ国務省ウクライナ問題特別代表は、ドンバスを視察後、キエフでウクライナ最高会議のシロイド副議長、ホプコ外交委員長、リャブチン議員と会談した。
 ボルカー氏は、ドンバス視察を受けて、西側パートナー国は、和平を目的としたさらなる策を確定しなければならない、と議員達に述べた。また、ドンバスの印象について「熱い局面にある恐ろしい紛争だ、西側で認識されているような凍結された紛争ではない。インフラは破壊され、OSCEは占領地域でアクセスを制限されている。停戦は常に侵犯される」と語った。
 ドンバス視察時、ボルカー氏は「これは凍結された紛争ではない、熱い戦争だ。我々は可能な限り速やかに、この問題に取り組まなければならない」と述べていた。

-------
国連の統計によると、ドンバス紛争で犠牲者数は1万人を突破したとのこと。
posted by 藤森信吉 at 14:41| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モルドヴァ入管、クチュルガン通関で入国スタンプ押印

 こちらによると、「クチュルガン」出入国ポイントにおいて、モルドヴァ当局は、ウクライナ側から沿ドニエストルへの入国者に対し、モルドヴァ入国スタンプ押印を開始した。外国籍が、この入国スタンプを拒否した場合、モルドヴァ国境警備局から「72時間以内にモルドバ移民局と内務省に出頭しない場合、退去しない場合は行政処分に科せられる」との通告を受ける。
 モルドヴァ側は、クチュルガン出入国ポイントは、最初の6か月は、沿ドニエストルの輸出品のみに関わる、と述べていた。
-------
 外国人としては朗報。
ウクライナ→沿ドニエストル→モルドヴァ というルートで旅行する場合、モルドバへの入国が記録されないため、不法入国扱いになり、モルドバから出国できない可能性が出てくる。この状態だと、ウクライナから沿ドニエストルに入るところでモルドヴァ入国スタンプが押されることになる。沿ドニエストルからウクライナに抜ける場合も、出国スタンプを押してくれるのだろうか。
 
posted by 藤森信吉 at 13:39| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

合同演習 Sea Breeze-2017 終了

 こちらによると、7月10日から行われていた多国籍軍事演習Sea Breeze 2017が23日、終了した。
 ウクライナ海軍、アメリカ、トルコ、ルーマニア、ジョージアの艦艇30隻が参加し、この他、アゼルバイジャン、ブルガリア、ベルギー、英国、カナダ、モルドヴァ、ラトヴィア、ノルウェー、ポーランド、ギリシャ等16か国3000人が参加した。また、ウクライナからは国境警備隊の海上保安部、国家親衛隊、ウクライナ陸海軍も参加した。See Breezeは、ウクライナ・アメリカ国防省間の協定に基づき1997年から毎年開催されている。

------
モルドヴァも参加したようで何より。
posted by 藤森信吉 at 12:24| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ、電力輸出好調

 こちらによると、上半期のウクライナの電力輸出量は前年同期比44.5%増であった。
 前年同期比9億7480万kWh増の31億6370万kWhで、うちハンガリー、スロヴァキア、ルーマニア向けが21.3%増の18.5億kWh、ポーランド向けが6.3%減の6.2億kWh、モルドヴァ向けが6.951億kWh(前年同期は370万kWh)となった。対ロシア・ベラルーシ輸出はなかった。
 他方、ウクライナは2017年1-6月期に2620万kWhを輸入しており、うちロシアが2560万kWh、ベラルーシ60万kWhであった。
posted by 藤森信吉 at 11:31| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

アントノフ、飛行場提供の用意

 国営アントノフ社は、ホストーメリ空港をLCC利用に供する準備作業グループを立ち上げた。
 「アントノフ社所有ホストーメリ空港はICAO第一種空港であり、一年を通じて24時間、離発着が可能である。現在、貨物便や飛行実験用として用いられているが、旅客設備の拡充は、空港のみならず、地域発展にとっても有益であり、働き場所が増えることが重要な要素である」とアントノフ社はfacebook上で述べている。
 フロイスマン首相は、ホストーメリ空港をRyanairを含むLCC受け入れ空港とする提案を行っていた。
-------
地図で見ると、地下鉄駅から近くてアクセスよさげ。
posted by 藤森信吉 at 12:27| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

モルドヴァ議会、駐沿ドニエストル・ロシア部隊の撤収を要求

 こちらによると、21日、モルドヴァ議会はロシア部隊のモルドヴァ領からの撤退を求める宣言を採択した。
 カンドゥ議長は、冒頭、25年前の7月21日にモルドヴァはロシアとの間で沿ドニエストル和平条約を調印したことを引き合いに出した。これを受けて民主党がロシア部隊のモルドヴァ領からの撤退に関する宣言の採択を提案した。
 宣言文は「モルドヴァ議会はすべての当事者が本宣言を、平和的友好的性格の発露であり、我が国の発展とモルドヴァ領だけでなく全地域における平和と安定の維持の保証として検討するよう呼びかける」としている。
 定数101の内、61議員が賛成した。採択の際、社会党は抗議のため議場から退去した。ドドン大統領はfacebook上で「モルドヴァ製品の輸出、出稼ぎ、地域協力や教育・人道プログラムといった部門で、既にロシア政府との間で達成している成果を台無しにするものである」とし、ラゴージン副首相の来訪前夜の採択を挑発行為であると批判した。
-------
議会曰く、ロシア軍の駐留は「現行の軍事的中立国モルドヴァに反する」とのこと。ロシアとドドンが目指す「中立国モルドヴァ連邦」が実現した場合、駐留ロシア軍の扱いはどうなるのだろうか。
 
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 12:29| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

ロシア天然ガス絶ち600日突破

 こちらによると、ロシアからの天然ガス輸入停止から600日が経過した。
 ナフトガス・ウクライナ社は、2015年11月26日以来、ガスプロムとの契約による天然ガスを輸入しておらず、専ら西部国境経由で輸入している。2017年1-6月期、ウクライナは前年同期比2.3倍の69億6120万m3のガスを輸入しており、内スロヴァキア経由で56億m3、ハンガリー経由で7.4億m3、ポーランド経由で5.8億m3だった。
posted by 藤森信吉 at 10:42| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

ルガンスク人民共和国、小ロシア建国賛成を重ねて否定

 こちらによると、ミンスク・コンタクトグルーブのルガンスク人民共和国全権代表ジェイネガ氏は「小ロシア国創設のイニシアチブは時宜にかなっていない」として、LNRが支持していないことを重ねて表明した。
 ジェイネヴォ氏は「本件はメディアを通じて知った。我々との間で協議はなされていない。ウクライナ南東部の住民の多数は、反キエフであるが、ウクライナ側にミンスク合意を履行させることが重要であると考えている」と述べた。

 ルガンスク人民共和国の公式声明はこちら
「代表団を派遣していないし、人民の意思も反映していない。ミンスク合意をウクライナ側の履行させることが重要」。
---------
小ロシア国・・・何なんですかね。ウクライナ側メディアも大きく取り上げていないし、政府の反応も鈍い。ガセ構想に釣られない、というところか。
posted by 藤森信吉 at 21:39| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空旅客数、4割の伸び

 こちらによると、上半期のウクライナの空港全体の利用者は714万5千人で前年同期比34.1%増だった。内、国際線の利用者は626万人で35.7%増、内ウクライナの航空会社は455.6万人(+39.8%)を輸送し、412.7万人(+41.8%)が国際線の利用者だった。
 2017年上半期、ウクライナの航空会社は4万2200(+23.8%)の商業路線を運航し、内3万5500(+22%)が国際線だった。
----------
 ロシア路線の全面廃止で激減した利用者をどこまで回復できるか。しかし、4割増しとはすごい数字だ。これではウクライナ市場をRyanairも狙うだろうし、おいしい市場をLCCに荒らされたくないという気持ちにもなろう。
posted by 藤森信吉 at 20:51| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする