2020年03月28日

沿ドニエストル、夏時間に移行

 こちらによると、29日深夜、沿ドニエストルは夏時間に移行する。
 3月29日、沿ドニエストルにおいて夜2時、時間が一時間前に進められる。PCやスマホは自動的に時刻が修正される。自動巻時計は手動で行うことになる。夏時間はウクライナ、モルドヴァを含む80か国で実施されている。夏時間移行後、チラスポリとモスクワとの時差は1時間となる。2012年10月24日付沿ドニエストル大統領令により、沿ドニエストルでは、毎年、追加的な法文書なしに夏時間への移行が行われる。
posted by 藤森信吉 at 20:02| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

МГРЭС 稼働に支障か

こちらによると、モルドヴァ地区発電所の従業員に自宅待機が命じられた。
 モルドヴァ地区発電所(МГРЭС)の従業員一名がコロナウィルスに罹患し、全従業員400名の14日間の隔離が決定された。その一方で、発電所は通常の稼働を続ける努力を行う、という声明を発表した。
 26日現在、モルドヴァには177名のコロナウィルス罹患者が確認されており、内2名は沿ドニエストル住民である。
posted by 藤森信吉 at 13:11| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

MGRESの発電量、前年比8%増

 こちらによると、2019年のMGRES発電量は前年比8%増であった。
モルドヴァ国家地区発電所(MGRES)の2019年の発電量は42億4300万kW/hであり、内11億は国内、29億はモルドヴァに供給された。納税額は2億7500万ルーブリで前年比11%増となった。目下、モルドヴァの電力企業と新契約を交渉中である。また、エネルギー源の99.91%が天然ガスであった。
---------
 MGRESは沿ドニエストルの火力発電所です、念のため。国内向けの数割がマイニングに消費されたと推察。

posted by 藤森信吉 at 11:09| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

沿ドニエストル人の自然減、加速

 こちらによると、2019年の沿ドニエストル住民の自然減は3164人であった。
 沿ドニエストルの統計データから計算すると、同地域の出生数は前年比10.8%減の3646人、死亡数は1.2%増の6810人であった。また、移民については、移出が4428人、移入が7901人であった。移入者はモルドヴァ住民であり、彼らはロシア国籍・年金の可能性を求め、また、安い公共料金に惹かれた者たちである。沿ドニエストルの住民数は2019年初で46万5100人であり、前年比4000人減となっていた。
----------
沿ドニエストルの実人口は30万人くらいといわれているので、3000人は人口比1%に相当する。
posted by 藤森信吉 at 22:21| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

ウクライナも沿ドニエストル・ナンバー車を封鎖予定

 こちらによると、ウクライナは4月1日から、沿ドニエストル・ナンバー車の自由往来を制限する。
 キク・モルドヴァ首相は、モルドヴァ・ウクライナ国境の通過に関し、沿ドニエストル・ナンバー車の一時的制限をかけたが、テスト期間は終了した。ウクライナ側は4月1日から、沿ドニエストル・ナンバー車の通過を許可しないと伝えており、10日間のテスト期間を実施した訳だ、と述べた。ウクライナ大使館は、正式な決定については内閣レベルで現在協議中であり、正式な指示は受けていない、と回答している。この件に関して、17日、ドドン・モルドヴァ大統領とクラスノセリスキー・沿ドニエストル大統領は電話会談を行い、沿ドニエストル側報道官は「ドドン大統領は会談において、通行禁止を撤廃することを約束した」と述べていた。
---------
ポロシェンコ落選、プラハトニューク逃亡で、沿ドニエストル政府はウクライナ側との伝手がないのですかね。
posted by 藤森信吉 at 13:13| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

沿ドニエストル・モルドヴァ間で自動車ナンバー戦争

 こちらによると、沿ドニエストル政府は、モルドヴァ・ナンバー車の通行を制限する措置をとった。
 これはモルドヴァ側が、沿ドニエストル・ナンバー車の通過を制限することに対する対抗措置であり、沿ドニエストル・安全保障会議の決定に基づき、24日から、モルドヴァ登録車輛およびモルドヴァ国民が運転する車輛の沿ドニエストル・ウクライナ国境通過が制限される。この制限は、モルドヴァ側が制限措置を解除するまで有効とされる。
1月10日以降、モルドヴァの国境警備隊は、沿ドニエストル・ナンバー車のモルドヴァ領通過を認めておらず、また中立ナンバーや沿ドニエストル運転免許所有者にも適用されている。モルドヴァ当局は2001年5月16日に調印された証明書相互承認議定書および2018年4月26日に調印された沿ドニエストル車輛の国際道路通行議定書に違反している。専門家によると、この措置を通じてモルドヴァ当局は、沿ドニエストルの自動車所有者に対しモルドヴァ運転免許書への切り替えを強制しようとしている。
-------
 沿ドニエストルは内陸国なので、エスカレートすると、ウクライナ・モルドヴァ両方から封鎖されて死にます。早晩、OSCEが仲介すると予想。

posted by 藤森信吉 at 14:14| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

2019年沿ドニエストル貿易統計

 こちらに2019年度沿ドニエストル貿易統計が掲載されているので簡単に紹介。

・貿易輸出額6億5730万ドル(前年比マイナス5%)、貿易輸入額12億800万ドル(マイナス0.35%)
・輸出品構成比 鉄鋼製品2億1190万ドル(マイナス30%)、燃料エネルギー1億4480万ドル(プラス21.2%)、食品 1億3520万ドル(プラス14.3%)
・輸入品構成比 燃料エネルギー 4億8900万ドル、屑鉄1億7470万ドル、工作機械 1億4930万ドル、食品 1億4160万ドル
・輸出相手国構成比 モルドヴァ37.62%、ウクライナ19.11%、ロシア13.20%、ルーマニア13.08%、ポーランド5.32%
・輸入相手国構成比 ロシア45.84%、ウクライナ15.13%、モルドヴァ8.84%、ルーマニア7.14% 
----------
鉄鋼・電力が輸出の二大看板。よって屑鉄、天然ガスが輸入の二大看板、ということに。ビットコインはどこに計上されるのだろうか? 
因みに対日輸入額 381517ドル、対日輸出額 31150ドル。
posted by 藤森信吉 at 19:05| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

沿ドニエストル、2020年は2.6%成長を予測

 こちらによると、沿ドニエストル政府は、2020年のGDP成長率を2.6%と予測した。
沿ドニエストル共和国銀行(中銀)が発表した「国家金融・信用政策の基本方針」によると、沿ドニエストルの主要貿易相手国の成長率はIMF予測で、モルドヴァ3.8%、ウクライナ3.0%、ロシア1.7%であり、沿ドニエストル経済発展省は2.6%成長を予測している。経常収支赤字額は「世界市況の不安定リスク、制裁の継続・強化が予測される」として6300万ドル-1400万ドルという幅広い範囲の予測となっている。また、沿ドニエストル・ルーブリの為替レートは、2019年同様に16.1-16.5/ドル と予測している。2018年の沿ドニエストルGDP成長率は前年比3.6%、インフレ率は6.97%であり、2019年はそれぞれ1%、6%と予測されている。
--------
 未承認国家というと、アホなロジックが蔓延しているように思われるが、Вестник ПРБを読む限り、沿ドニエストルは実に冷静に自国経済を理解していることが分かる。
posted by 藤森信吉 at 12:24| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

沿ドニエストル、リバース・ガス輸入の用意

 こちらによると、クラスノセリスキー・沿ドニエストル大統領は、ロシア・ウクライナ・ガス輸送契約が調印されることに期待感を表明した。
 大統領は、ベルリンでの三者協議の結果を「楽観視できるもの」と指摘しつつ、情勢の変化に対する準備を行っているとした。輸送停止の際の案として、ガスのリバース輸入、炉を他のエネルギー源に切り替えることを挙げた。
---------
 お金ないのに、リバース・ガス輸入とか、石炭購入とかできるのかね。
posted by 藤森信吉 at 14:24| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする