2020年02月28日

ゼレンシキー人気、剥げる

こちらによると、ゼレンシキー大統領の支持率が50%を割り込んだ。
 キエフ国際社会調査研究所(KMIS)、2月21-25日、ウクライナ全土、1500人を対象。
・新政権のドンバス和平問題の取り組みについて(カッコ内は前回12月の調査値)
 うまくいっている25%(40%)、うまくいっていない70%(50%)
・政権上層部の汚職問題対策
 うまくいっている12%(17%)、うまくいっていない83%(76%)
・公共料金の値下げ
 うまくいっている14%(18%)、うまくいっていない80%(73%)
・大統領の仕事ぶりを評価する47%(62%)、評価しない40%(25%)



----------
前大統領のポロシェンコは5月に当選し年明けにドンバスで大敗、フリブナ暴落で支持率を落とした。ゼレンシキーは3月に当選し、どっちもないけどじり貧中。


posted by 藤森信吉 at 10:47| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

世論のEU・NATO加盟支持、相変わらず高水準

 こちらにウクライナ世論調査の結果が掲載されているので簡単に紹介。
・ラズムコフ・センターおよびデモクラティック・イニシアチブ財団の共同調査、2019年12月13-18日、ウクライナ全土(クリミアおよびドンバス被占領地域除く)、2017名を対象。
・ウクライナが進むべき統合路線は?
EU加盟64.2%、ユーラシア経済同盟12.7%、回答困難23.1%
・ウクライナの安全保障にとって最良の案は?
NATO加盟51.2%、ロシア・その他CIS諸国との軍事同盟5.5%、アメリカとの軍事同盟1.5%、軍事的中立26.1%、その他1.6%、回答困難14.1%
・アイデンティティーは?
 居住地域(州)15.6%、ウクライナ国民74.9%、自らのエスニシティー、民族2.6%、ロシア国民0.3%、旧ソ連国民2.7%、ヨーロッパ市民1.2%、世界市民1.5%、その他0.1%、回答困難1.0%
-------
「軍事的中立」の支持率が未だに高いのが驚き。中立国を標榜していたのは独立後10年間だけだし、教化も強くなかったはずだが。
posted by 藤森信吉 at 16:54| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

ゼレンシキー人気、急落中

  キエフ社会学国際研究所(КМІС )の世論調査によると、ゼレンシキー大統領の支持率は10月の66%から52%に低下した。

・キエフ社会学国際研究所の調査、2019年11月22-25日、ウクライナ全土1500人を対象。
・政治家の評価
 ゼレンシキー 肯定的に評価52%、中立的28%、否定的19%
 肯定的評価は9月73%、10月66%から連続して低下。
・新政権(大統領、閣僚会議、議会、治安機関)は以下の問題に対し どのように対処していると思うか
 ドンバス紛争の解決 非常に上手く対処している3%、どちらかというと上手く対処37%、どちらかというと失敗30%、全くダメ21%、不明9%
政府高官の汚職問題 非常に上手く対処2%、どちらかというと上手く対処20%、どちらかというとダメ30%、全くダメ40%、不明8%
 公共料金の値下げ  非常に上手く対処1%、どちらかというと上手く対処15%、どちらかというとダメ36%、全くダメ39%、不明9%
 天然ガス問題(ウクライナへの供給、ウクライナ経由の輸送) 3%、25%、30%、16%、26%
-----------
国民の二大関心事であるドンバス紛争と公共料金引き下げを解決していないので、剥げるのは時間の問題かと。というか、この問題は誰が大統領でも解決できません。大統領に次ぐ肯定的評価を得ている野党リーダーはバカルチューク23%とボイコ23%、そしてティモシェンコ20%。
posted by 藤森信吉 at 20:41| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

大統領、首相、議長の支持率低下

 キエフ社会学国際研究所の世論調査によると、ゼレンシキー大統領の支持率は先月の73%から66%に低下した。
・2019年10月9-11日、1200人を対象。
・政策に対する評価
ゼレンシキー大統領 肯定的66% 否定的9%
ラズモコフ議長 肯定的27% 否定的8%
ホンチャルク首相  肯定的10% 否定的14%
バカルチュク 肯定的25% 否定的26%
ボイコ 肯定的24% 否定的33%
ティモシェンコ 肯定的23% 否定的36%
ポロシェンコ 肯定的11% 否定的65%

・ウクライナ各地で大統領のドンバス和平計画に対する抗議行動が起きているが
支持する26% 支持しない41% 
・大統領の大企業の民営化について
承認する37% 承認しない41%
・農地売買に関する国民投票が行われた場合
賛成票を投じる 21% 反対票55%

・教育相が2020年から全てのロシア語初等校をウクライナ語教育に変えると述べているが
承認する49% 反対する47%

・IMFとの協調路線は
ウクライナにとって有益である44% 有害である37%
posted by 藤森信吉 at 17:30| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

ウクライナのインターネット利用率7割超

 ウクライナ・インターネット協会によると、インターネットを日常的に利用する率は71%に達している。
・Factum group社の調査、2019年8-9月、15歳以上2110人、1:1のインタビュー形式による調査。
・日常的に利用する率 10万人以上の市の住民77%、10万人以下の市の住民75%、村民62%
・15-24歳97%、25-34歳96%、35-44歳91%、45-54歳74%、55-64歳54%、65歳- 29%
・日常的な接続方法 スマホ・携帯電話66%、自宅ノートPC40%、自宅デスクトップ36%、タブレット14%、職場デスクトップ5%、職場ノートPC4%他
----------
 その他、学歴・収入と相関関係があるとかのデータもありますが略。新規のスマホ利用者がネットユーザー化(スマートフォンザーツィア)とのこと。インターネット協会の調査では、利用サイト調査結果も興味深い。接続禁止されているはずのロシア系SNS利用者が依然として多い。
posted by 藤森信吉 at 13:15| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

ゼレンシキー、高支持率を維持

 こちらによると、大統領の支持率は70.5%だった。
・ラズムコフ・センターの調査、10月4-9日、2015人を対象。
・ウクライナは正しい方向に進んでいる45.0%、正しくない方向28.7%、回答困難26.4%
・ゼレンシキー大統領を 全く信頼しない9.3%、どちらかというと信頼しない12.8%、どちらかというと信頼する42.5%、完全に信頼する28.0%
 (プラス48.4%)
・ホンチャルク首相 プラス6.1%
・ラズムコフ最高会議議長 プラスプラス26.8%
・ポロシェンコ マイナス65.9%
・ティモシェンコ マイナス54.6%
・ルツェンコ マイナス81.3%
・ボイコ マイナス44.9%
・バカルチュク マイナス14.4%
---------
 前政権時代の政治家は悉く大マイナス。ドンバス和平に特攻できるだけの余裕はありますが、果たして。
posted by 藤森信吉 at 20:03| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

ウクライナ世論、シュタインマイヤー様式に反対

 こちらによると、ウクライナ世論の過半数はドンバス特別地位を憲法に盛り込むことに反対している。
 ラズムコフセンターの調査、10月4-9日、ウクライナ全土2015人。
・「ウクライナ東部の情勢をどう判断するか」
ロシア支援による分離主義勢力の反乱19.6%、人民共和国の独立闘争6.6%、親ウクライナ・親ロシア間の内戦15.3%、ウクライナ・ロシア間の戦争40.2%
・ドネツク/ルガンスク人民共和国領の将来的な政治的地位
以前と同じ条件でウクライナのドネツク・ルガンスク州に戻る56.0%、ウクライナ領に戻るが首都からより独立13.5%、ウクライナ領内で自治領10.2%、分離・独立国家となる3.3%、ロシア領2.9%、その他2.8%
・ドンバス和平の方法について
〇憲法内に「ドネツク・ルガンスク州特定地域の特別地位」を盛り込む  賛成26.3%、反対56.2%、回答困難17.5%
〇人民共和国と通商・経済・金融関係を確立 賛成35.9%、反対46.8%、回答困難17.3%
〇ウクライナ連邦制 賛成16.6%、反対62.7%、回答困難20.7%
〇ロシア語の第二国家語化 賛成29.5%、反対56.0%、回答困難14.4%
〇大赦を実施 賛成18.4%、反対59.3%、回答困難22.4%
〇NATO加盟路線をやめて憲法に中立を明記 賛成24.7%、反対54.4%、回答困難20.9%
〇人民共和国側と公式交渉を開始 賛成41.5%、反対39.4%、回答困難19.1%
〇人民共和国に対する財政(賃金、年金)支出停止 賛成33.1%、反対43.8%、回答困難23.1%
〇クリミアをロシア領と承認してドンバスを解放 賛成9.8%、反対70.1%、回答困難20.2%
〇人民共和国領をウクライナから切り離す 賛成11.6%、反対73.1%、回答困難15.2%
〇人民共和国領に対する軍事的なコントロール回復 賛成23.5%、反対51.6%、回答困難24.9%
posted by 藤森信吉 at 23:45| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

ゼレンシキー党、人気衰えず

 こちらによると、公僕党の支持率は41.6%だった。
・「社会モニタリング」センターおよびヤレメンコ名称ウクライナ社会学研究所の共同調査、6/28-7/4、1000人を対象。
・「リスト内の政党にうち、議会選挙ではどの政党に投票しますか」
公僕党41.6%、野党プラットフォーム生活党13.7%、ヨーロッパ連帯党8.5%、祖国党7.7%、ホロス党7.5%、国民ポジション党3.4%、野党連合党2.9%、シャリー党2.6%、力と清廉党2.5%、ラディカル党2.2% 以下略
・「選挙に行きますか」
絶対に行かない8.2%、たぶん行かない3.8%、たぶん行く30.8%、絶対に行く53.6%、回答困難3.5%
--------
 公僕党(大統領党)の人気は落ちないですな。全土で支持率トップであるのが強く、年齢別では若者から圧倒的支持率。野党生活党はメドヴェドチューク同志の奮闘のおかげか、支持率がジワジワと上がっているが、支持は東部・南部・ドンバス限定。本家野党連合党との分裂がなければ20%近くの支持率が稼げたのに… あ、サアカシビリ党の支持率は0.4%です。フロイスマン党(いつの間にできんだ?)の支持率は1.1%。
posted by 藤森信吉 at 13:52| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

ゼレンシキー新党、超大人気

 こちらに、SOCIS社による世論調査結果が掲載されているので、簡単に紹介。
・2019年5月29日~6月6日、4000人、ウクライナ全土
・ウクライナは正しい方向に進んでいる 25.9%、正しくない方向20.0%、部分的に正しく部分的に正しくない方向48.6%
・あなたにとって、国の問題で最も重要なことは
ウクライナ東部の軍事紛争62.1%、給料・年金の低さ48.7%、公共料金値上げ43.8%、主要商品のインフレ28.5%、中央政府の汚職21.7%、医療16.3%、司法・検察の汚職16.0% 以下略
・ウクライナ最高会議選挙での投票先(投票に参加すると答えた層)
公僕党(ゼレンシキー)51.3%、ヨーロッパ連帯党9.5%、野党プラットフォーム9.2%、祖国党8.7%、力と清廉党5.0%、ホロス党4.9%、以下略
・EU加盟の国民投票があった場合 賛成68.1%、反対17.1%、不参加5.9%、態度未定・回答困難8.9%
・NATO加盟  賛成51.1%、反対29.4%、不参加7.4%、態度未定・回答困難12.1%
---------
このままいくと、大統領の党は得票率5割という前代未聞の大勝利に。単独で憲法多数コロモイシキー帝国も夢ではない。
posted by 藤森信吉 at 14:51| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

クリミア旅行、大人気

 こちらによると、ロシア世論の31%がクリミアでの夏季休暇を計画している。
 全ロシア世論調査センターの調査によると、今夏の休暇予定について、自宅で休むと回答した割合は 44%、ダーチャ26%、海外旅行(旧ソ連諸国外)10%となっている。また、旅行資金があり、選択肢がある場合については、海外39%、クリミア31%、コーカサスの黒海沿岸26%、と回答している。旅行を行わないことについては、回答者の53%が、資金不足としている。2018年にはこの数字は44%だった。
 

posted by 藤森信吉 at 14:34| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする