2017年07月18日

沿ドニエストルで遅配発生

 ホルジャン・沿ドニエストル最高会議議員(沿ドニエストル共産党)は、教員、医師の一部が5月以降の給与をもらっていない、として、遅配が解消されるまで、最高会議議員への夏季休暇手当(1000-1500ルーブリ)支給を停止するよう、沿ドニエストル最高会議に呼び掛けた。
-------
 沿ドニエストル大統領自らが、企業の遅配解消に乗り出したというニュースはこのあたり
 目下、沿ドニエストルは、ロシアからの慈善年金がまだ入金されなかったり、6月に沿ドニエストル・ルーブリが大幅に切り下げられたり、遅配が発生したり、と社会不安に突入しそうな状態。
 ところで沿ドニエストル共産党だが、最高会議に議席を一つだけ持っているようだ。友党サイトにモルドヴァ社会党(ドドンの党)のバナーが貼られているのが笑える。モルドヴァ共産党は西側に転んだ裏切り者というか、資本主義だからな(笑)
posted by 藤森信吉 at 11:28| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

2014年モルドヴァ国勢調査結果サイト、立ち上げ

 忘備録として。
2014年モルドヴァ国勢調査の結果をビジュアル化したサイトが開設されたので紹介。http://recensamint.statistica.md/

個人的におもしろいのは母語分布図。モルドヴァ語とルーマニア語はどう違うのだろうか…
http://recensamint.statistica.md/images/harti/Limba_materna_A4.jpg
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 13:20| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

電力輸出半減! 沿ドニエストル・2017年上半期貿易統計

 沿ドニエストル国家通関委員会が2017年度1-6月貿易統計を発表したので簡単に紹介。
単位は百万ドル、カッコ内は前年同期比
輸出 252(-2%)
輸入 448(-0.3%)
輸出入額 700(-1%) 

・輸出品構成 鉄鋼・鉄鋼製品 28%(額の前年同期比 +30%)、燃料・エネルギー18%(額 -50%)、食料品16%(+35%)、靴7%(-3%)、機械生産品7%(+62%)、繊維6%(+11%)
・輸入品構成 燃料・エネルギー36%(-26%)以下略
・輸出先 EU諸国 36%(-3%)、関税同盟 13%(+60%)
モルドヴァ35%(-24%)、ルーマニア15%(-12%)、ウクライナ14%(+55%)、ロシア12%(+54%)、イタリア8%(+2%)、ドイツ5%(-29%)
-----------
輸出品の燃料・エネルギーは電力輸出のこと。電力輸出額の半減を鉄鋼と食料品の伸びでカバーしている、といったところ。電力輸出額の激減は、輸出先のモルドヴァのシェア低下と燃料・エネルギー(天然ガス)輸入額・輸入に占めるロシアのシェア低下にあらわれている。対ロ輸出の激増は、鉄鋼と食料どちらが寄与しているのか気になるところだ。
 なお、報道では6月5日から対モルドヴア電力輸出が再開されたとあるのだが、統計でみると、6月の電力輸出額は前年同期比マイナス78%でまったく回復していないことになる。さらなる底割れがあるか? 
posted by 藤森信吉 at 22:11| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

ロシア下院、沿ドニエストルに対するアピールを採択

 ロシア下院は、沿ドニエストル情勢に関する宣言を採択した。同宣言決議文は、モルドヴァ議会、沿ドニエストル最高会議、ウクライナ最高会議およびOSCE議会アンサンブルに送付された。
 7日に採択された「モルドヴァ政府およびウクライナ政権の行動に関連した沿ドニエストル事情の進呈における否定的な傾向に関する声明」は、ウクライナおよびモルドヴァ政権によって、ロシア平和維持部隊の移動が妨げられ、この地域の安定および20万人のロシア国籍者を含む沿ドニエストル住民の福祉を損なっている、と糾弾している。また、沿ドニエストルとの協議なしに、ウクライナ・モルドヴァ共同通関を開設し沿ドニエストルの経済行動の自由を制限し封鎖したことは許されず、ウクライナ、モルドヴァ側にあらゆる種類の圧力を停止するよう呼び掛けている。また、沿ドニエストルにおける平和維持活動は代替案がないこと、5+2協議の早急な開催に言及している。
-------
モルドヴァ政府(Правительство)・ウクライナ政権(Власть)と言い分けているが、何か含意があるのだろうか。
posted by 藤森信吉 at 11:22| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

EUBAM「沿ドニエストル・ナンバー車は未承認」

EUBAM(The European Union Border Assistance Mission to Moldova and Ukraine )は「沿ドニエストル・ナンバーが国際的に承認されている」との報道を否定した。
 イズベスチア紙において、クラスノセリスキー・沿ドニエストル大統領が「EUBAMとの協定により、沿ドニエストル発行の自動車ナンバーは国際的に承認されている」と述べたことに対し、EUBAMは
「モルドヴァ外の数か国のみにおいて、沿ドニエストル・ナンバー車は通行を許可されているだけで国際的に承認はされていない」と発表した。2015年9月、EUBAMは、沿ドニエストル当局が発行するナンバー車が、一時的な解決策として国際的な通行を許可される、との技術的意見書を回覧し、2016年6月2-3日のベルリン会議において、参加国の賛同を得ていた。
-------
 忘備録として。人民共和国ナンバー車がロシア連邦内を交通できるとかでウクライナ政府が激怒していたが、既に先例があったということのようです。沿ドニエストル・ナンバー車をオデッサやキシナウで見かけたことはないですが。
posted by 藤森信吉 at 13:21| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

シェフチューク前大統領、不逮捕特権はく奪される

こちらによると、沿ドニエストル最高会議は、5つの刑事事件に関連しシェフチューク前大統領の不逮捕特権はく奪を決議した。
 シェフチューク前大統領はガス会計から入金される「安定化基金」に関連するもので、同財団理事に忠僕を任命すめことで財団資金の8300万沿ドニエストルルーブリ(約800万ドル)を私物化した。議員の調査によると、トヨタ・カムリ二台に転用された。また、ニーナ・シュタンスキー(後にシェフチューク夫人)外務大臣用のАudi A8 および大統領用のレクサスも購入され、後に第三者名義に書き換えられ、沿ドニエストルから持ち出された。また、「バイオヒム」企業の活動に関しても、同社が国庫に支払うアルコール税が大統領のもとに流れた。
 これに対し、シェフチューク前大統領はfacebook上で、シェリフ社長グシャン氏の企てである、と反論している。シェフチューク氏は現在、モルドヴァ側に逃れているとされる。
---------
シェフチューク前大統領、大統領選挙でシェリフ社と泥仕合になったため、身を案じたクレムリンが仕事を斡旋してモスクワに転居したという報道があったが、まだ沿ドニエストルに滞在していたのか。
 因みに初代沿ドニエストル大統領のスミルノフはチアスポリ市で健在。通関のトップで不正蓄財していたスミルノフ・ジュニアは今どこに。
posted by 藤森信吉 at 22:11| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

アゼルバイジャン、ガガウスに文化教育センターを建設

 こちらによると、アゼルバイジャンのヘイダル・アリエフ財団は、ガガウスに文化教育施設を建設する。
 ブラフ・ガガウス首長は、モルドヴァ代表団の一員としてアゼルバイジャンを訪問し、ヘイダル・アリエフ慈善財団の執行代表と会談した。両者は7月にアルエフ財団がガガウスを訪問し、建設地および施設名称の最終決定を行うことで合意した。また、バクーにおけるガガウス芸術展開催の組織についても協議された。
--------
トルコ、アゼルバイジャンがガガウスにテコ入れしているのは良く分かるのだが、ロシアもモルドヴァ政府を揺さぶるためにテコ入れ中。親ロ派大統領ドドンの登場で、ロシアの対ガガウス政策も変更されるのだろうか?
posted by 藤森信吉 at 17:53| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

沿ドニエストル大統領、モルドヴァ連邦制を拒否

こちらによると、クラスノセリスキー・沿ドニエストル大統領は、モルドヴァ議会内の議席割り当て案を拒否した。
 クラスノセリスキー大統領は、ドドン・モルドヴァ大統領のモルドヴァ議会内に沿ドニエストル代表の議席を割り当てるとの提案を拒否した。ドドン大統領は、同変更条項を選挙法案に織り込むとしており、
同項がない限り、法案にサインしないと言明している。
 クラスノセリスキー氏は沿ドニエストル法はロシア法を模しており、沿ドニエストル市民は、「モルドヴァを含む」他国の選挙に参加することはできない、と述べた。
 来る選挙で、沿ドニエストル選出の議席を割き、同選挙ではモルドヴァ社会党が勝利し、議会多数派を
沿ドニエストル選出議員とともに形成し、モルドヴァ大統領の権限を拡大できる、との見方が出ている。現在の議会では、社会党は多数派を形成しておらず、他方で、現在の議会の多数派親ヨーロッパ連合を形成する民主党、社会民主党、自由党は低支持率で次の選挙結果が危ぶまれている。
 世論調査によれば、社会党の支持率は51%に達しており、来る選挙で負けを予測した民主党は比例区・単純選挙区並列制度の導入を行った。
------- 
モルドヴァの親欧米派と沿ドニエストルが反ドドンで一致、と。以前に「友達の友達は敵」という内容で紹介したが、沿ドニエストル最大の敵はモルドヴァ社会党であった訳だ。ドドン一派の勢力が強まれば強まるほど、モルドヴァは(ロシアが期待する)反NATO/反EU連邦制に近付き、併合圧力が沿ドニエストルにかかることになる。ドドン当選に大喜びしたのも束の間、自らが一層、危険にさらされていることに気付いた、というクレムリンとトランプ当選みたいな図式だ。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 21:59| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

友達の友達は敵

 統一ロシア党は、モルドヴァ社会党(PSRM)と友好協定に調印した。
 統一ロシア党から、メドヴェージェフ首相(統一ロシア党代表)、ネヴェロフ書記、グリィズロフ上院統一ロシア会派代表、ジェレズニャーク幹部会議副書記が出席した。
メドヴェージェフ氏は「両党の関係は、今日の友好的な両国関係のように転換される必要がある」として、統一ロシアはモルドヴァ社会党とさらなる関係深化の用意があることを示唆した。
 グレチャーナヤPSRM代表は、両国の友好関係は何世紀にもわたり深化しており「一時期、政治で分断が試みられたが成功しなかった。モルドヴァ共和国は一貫してロシアとの戦略的パートナーシップに賛成しており、その言葉にそって我々は進んでいる」と述べた。



-------
沿ドニエストルの刷新党が統一ロシアと友党関係にあるので、統一ロシア党を介して、モルドヴァ・沿ドニエストルの大統領与党は友党関係にある、ということになる(笑)。モルドヴァ再統合の兆しがここにも。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 21:50| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

沿ドニエストル・モルドヴァ間の電力契約が復活

 こちらによると、クラスノセリスキー沿ドニエストル大統領は、モルドヴァとの電力輸出契約が復活した、と述べた。
 クラスノセリスキー大統領はマルトィノフ首相を伴いモスクワを訪問し、沿ドニエストル問題担当ロシア大統領特別代表ラゴージン副首相と会談した。会談では、ロシアの経済援助および6月5日に発効したMGRES(沿ドニエストルの発電所)・Energocom(モルドヴァ国営企業)間の電力供給契約についても言及された。
 「ラゴージン殿がMGRES・モルドヴァ間の契約回復に尽力されたことを感謝する」とクラスノセリスキー大統領は述べた。
 こちらによると、電力供給は再開された模様。「3月末に電力供給の交渉が決裂した際、全ての情報はラゴージン氏に集められ、危機脱出のための対策を任された」とクラスノセリスキー大統領は述べた。
こちらによると、契約価格は45ドル/MWhで、モルドヴァ輸入量の70%を満たす。3月末の契約では、ウクライナ企業DTEK社が、 契約価格50,2ドル/MWhでシェア100%分を供給することになっていたが、同社のシェアは30%に落とされることになる。
------
4月時点の情報で書いた拙稿はプーチン、沿ドニエストルに"死刑"を宣告 ウクライナの電力輸出攻勢に沿ドニエストル経済は大ピンチ(有料なのですが、どこかに無断転載されているかもしれません)
 ラゴージンが、愛する沿ドニエストルを救うため、ロシアの関係機関、ガスプロム社等を駆け回って調整した、というニュアンスだが、ラゴージンってそんなに力あったっけ? いずれにせよ、ロシアとしては苦渋の選択になる。
MGRESが電力輸出で稼働率を上げる
⇒沿ドニエストル経済は助かる😃
⇒発電用天然ガス消費量が増える⇒ガス代払わないのでガスプロムが丸損😞
 ラゴージンがガスプロムにあれこれ言えるとは思えないので、予定通り2月間ほど輸出停止することで沿ドニエストル側にクレムリンが脅しメッセージをかました、あるいは沿ドニエストル経済が予想以上に崩壊してクレムリンがちょっと慌てた、というところか。
 
posted by 藤森信吉 at 21:58| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする