2016年10月23日

ウクライナ、来年度から使用済み核燃料を自国保管

 こちらによると、ウクライナは使用済み核燃料の保管を自国保管にする。
 ナサリク・ウクライナエネルギー石炭相によると2017年以降、ウクライナは、使用済み核燃料を自国に建造する保管庫に保管し、リサイクルが多元化されることになる。ウクライナは使用済み核燃料保管として毎年、2億ドルをロシアに支払っていたが、2017年以降はこの額が節約される。同様に、ウクライナは、核燃料の供給多元化も進めており、原発の核燃料の40%はWestinghouse製となる予定である。
 他方、ロシアのロスアトム社は、ウクライナ側とは前払い金体制であり、前払い分については再処理を行う、とコメントしている。
-------
 再処理施設、ウクライナにあったっけ?
posted by 藤森信吉 at 11:50| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ、11月から産業界向けガス代値上げ

 こちらによると、ナフトガス社は大口消費者に対するガス料金を11月から16.8%値上げする。
 11月1日以降、月5万m3消費し、かつナフトガス社に対する債務がない消費者に対しては、16.3%増の7380フリブナ/m3、それ以外の消費者は8183フリブナ/m3(VAT込)に値上げされる。
 8月に産業界向けに値上げ(8.3%増)、9月には7.9%値下げ、10月には5%値上げ、となっている。7月のガス料金と比較すると11月は23.1-21.7%の値上げとなる。2015年10月以降、住民および発電・熱供給公社向けを除く消費者に対する国家規制は撤廃されたため。ナフトガス社はガス代の値上げをはじめている。
-----------
7380フリブナ=290ドル/1000m3。ウクライナのガス輸入価格の単価は約200ドル/1000m3、コストをカバーできるのだろうか?
posted by 藤森信吉 at 11:35| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

世銀、ガス購入費5億ドルを保証

 世銀は、ナフトガス社に対する5億ドル保証を承認した。
 この保証は今冬のナフトガス社のガス購入に充てられる。2014年以来、世銀はウクライナに44億ドルを提供しており、2015年だけでも2件の開発政策借款と2件の投資案件、合計17.75億ドル相当を承認してきた。
-------
5億ドル全てを天然ガス購入費に充てると25億m3程度。ロシアが言っていた「20億m3足りない」はこの融資を指していたようだ。
posted by 藤森信吉 at 15:24| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

ウクライナ、ガス備蓄シーズン終了

 こちらによると、ウクライナはガス備蓄を終了し、汲み出しに転じた。
 ガスパイプライン運営会社ウクルトランスハス社の報道官によると、ウクライナはガス備蓄を終了し、ガス貯蓄庫からの汲み出しを開始した。汲み出し量は120万m3/日で、備蓄量は147億m3(備蓄率48%)である。
 9月半ばには、ナフトガス社長は11月1日時点で151億m3という備蓄量が可能であるとの見解を示していた。他方で、ノヴァーク・ロシア・エネルギー相は冬季を平常通りに過ごすには20億m3を追加する必要があり、ウクライナが購入を望むなら、ロシアには必要量を供給する用意がある、と述べていた。
-------
ウクライナのガス消費量は激減しているので、150億m3でも足りそうだが。
ソ連時代のような目張りの風習を国民運動として復活させるべきだ。チャウシェスク時代のルーマニアかよ
posted by 藤森信吉 at 12:51| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

フロイスマン「2009年ガス契約で530億ドル損した」

 こちらによると、2009年ガス契約によりウクライナは530億ドルの損失を蒙った。
 フロイスマン首相は、大統領が議長をつとめた地域発展会議上において「政府は年末までに、国家のエネルギー独立を規定するウクライナエネルギー戦略を策定する。より少ないエネルギー消費で、効率性と自国エネルギー生産を高めることで、我が国はエネルギー非依存国となる」と述べた。
 主将は、2009年ガス契約における450ドル/1000m3、take or pay条項について、530億ドルを損失したとして、内400億ドルを仲裁に請求している。
 また、2017年国家予算案において、政府はエネルギー効率基金を立ち上げ、40億フリブナ規模で省エネ関連投資を行う、とした。一方で、ウクライナは、産業、公共部門ともに世界有数のエネルギー消費国にとどまっており、さらになる努力が必要だと述べた。
---------
 クレームは2009年ガス契約の調印を推進したティモシェンコにどうぞ。

posted by 藤森信吉 at 14:44| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

フロイスマン、ガス補助金カットの成果を自賛

 フロイスマン首相はfacebookにおいて、天然ガスの補助金が予算の4-6%まで低下した、と述べた。
 フロイスマン首相によると、2015年以前は、貧富を問わず価格差が補てんされており、疑惑に満ちた様々価格と過剰消費によって国庫が垂れ流されていた。国家予算の28%にも達していた。今日、各ウクライナ人は自ら支払い、援助を求める者は補助金システムに申請して受け取る。これは国家予算の4-6%に相当している。我々はついに幾年にもわたるガスシステムを排除したのだ、と述べた。



-------
ヤヌコヴイッチ政権の政策は汚職とか親ロシア(笑)路線とかいう以前に、破綻していたことが良く分かる。
posted by 藤森信吉 at 12:19| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

ウクライナの電気料金は東欧諸国より高い

 こちらによると、ウクライナにおける大口電力料金は東欧諸国より割高である。
 アンドレイ・ヘールス元国家エネルギー・公共料金規制委員会委員によると、ウクライナにおける大口電力価格は、49.2ユーロ/MWh wであるのに対し、ポーランドでは36ユーロ、スロヴァキアでは34ユーロ、ハンガリーでは38.9ユーロ、ルーマニアでは37ユーロである。
 また、ウクライナにおける産業向け電気価格は、ロシア、カザフスタン、アメリカ、カナダ、ノルウェー、スウェーデン、オランダ、フィンランド、ボスニア、セルビアより高い。
 他方で、国家エネルギー・公共料金規制委員会は、10月時点における電力価格は、全欧州の産業向け電力価格平均より54%安く、特に最も高いイタリアより67%も安い、としている。ヘールス氏は、5月以来、3度にわたり料金が引き上げられており、たった5か月で27%も急上昇している。
posted by 藤森信吉 at 15:59| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

ウクライナ、天然ガス消費量マイナス11%

 こちらによると、ウクライナの1-8月の天然ガス消費量は前年比マイナス11%だった。
 ウクライナエネルギー・石炭省のデータによると、ガス消費量は239.4億m3から194.18億m3に低下した。特に産業界の消費がマイナス21%と大きく、住民・予算執行機関がマイナス7.8%、発電がマイナス7%だった。
2015年度の天然ガス消費利用は前年比マイナス20.9%の337.27億m3であった。
-------
このままのペースだと年間ガス消費量は300億m3くらいか。うち、国内生産が200億m3くらいあるので自給率は実に6割強。残りの100億m3は、EU市場からの逆輸入で簡単にカバーできる。今年度のガスプロムからの輸入は本当にゼロになりそう。
posted by 藤森信吉 at 12:19| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ、来年度の平均ガス価格を245ドルに設定

 こちらによると、ウクライナ経済商業省は、来年度予算案の前提を天然ガス価格245.8ドル/1000m3(6686フリブナ)、平均為替レートを27.2フリブナ/ドルとしていることを公表した。
この価格はナフトガスが購入するガス価格を反映させたものであるが、ナフトガス社から来年度の輸入ガスの予想価格は得られていない、とナサリィク大臣は述べた。

 
 
posted by 藤森信吉 at 11:47| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

ガスプロム、ナフトガスの請求内訳を公表

 こちらによると、ガスプロム社がナイフガス・ウクライナ社から請求されている額の内、142.3億ドルが、天然ガス供給にかかる部分であると公表した。
 ガスプロムによると、2014年6月16日にナフトガス・ウクライナ社は、ストックホルムストックホルム商業会議所仲裁所に上訴した内訳は、2011年5月20日以降のガス価格の遡及変更および前払い金の補償、ウクライナに供給された天然ガスの再輸出条項の廃止で、142.3億ドルに達する。
---
 過去の報道では、120億ドル、とあったが増額したのだろうか。再輸出条項の件は良く分からない(自分の誤読かも)。
posted by 藤森信吉 at 14:12| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする