2017年06月16日

クロアチア・ハンガリー・ガス回廊にウクライナも便乗

 こちらによると、ウクライナは、クロアチア=ハンガリー・ガス回廊の建設に参加の用意がある。
 フロイスマン首相はクロアチアを公式訪問し、首相会談において、クロアチア沖に建設中のLNGターミナルを活用するクロアチア・ハンガリー・ガス回廊の建設計画に参加の用意がある、と述べた。
 「我々はクロアチア・ハンガリー・ウクライナ・ガス回廊の建設に関心があり、稼働にむけあらゆる努力を行う用意がある」とフロイスマン首相は述べた。






posted by 藤森信吉 at 11:56| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

欧州委員会、ウクライナとロシアにガス輸送交渉再開を呼び掛ける

 こちらによると、マロシュ・シェフチョビッチ欧州委員会副委員長兼エネルギー同盟担当委員はノヴァーク・ロシアエネルギー相と会談し、ストックホルム仲裁の決定が出た後、輸送契約の交渉を再開するようウクライナとロシアに呼び掛けた。
 シェフチョビッチ氏は「2019年以降もウクライナ領経由で輸送を継続する必要性について協議した。ストックホルム仲裁のプロセスは終わりに近づいているが、EUの諸企業はウクライナ経由の輸送に関心を抱いている。我々は、輸送の商業的アスペクトに即した交渉は、企業レベルで可能な限り早く再開されねばならないことで合意した」と述べた。
 ウクライナは1-5月期に天然ガスを前年同期比21.8%増、382億m3輸送している。
------
 スロヴァキアはウクライナ領経由でないと困るでしょうねえ
posted by 藤森信吉 at 18:59| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

ナフトガス社、ガスパイプラインへの投資とりやめか

こちらによると、ナフトガス社は、ロシアガス輸送縮小のリスクから、ガスパイプラインへの投資計画を修正している。
 2017年度ウクルトランスガス社財務に関するナフトガス専務会議事録によると、ウクルトランスガス社は2019年以降のガス輸送の停止リスクを予想したシナリオに基き、投資計画の修正を要請されている。
 ナズドリン・ウクルトランスガス副社長は「ガス輸送システム稼働の信頼性を確保できない」と回答した。ナズドリン氏は3月20日に解任されている。「どのようなシナリオであったも、ガス輸送は行われ、ガスパイプラインは稼働し続け、ガス圧は維持される。いくつかの投資計画が実現しないからといって、望ましい技術的状態が保障されないといったことはない」と議事録は記している。議事録によると、2017年度のガス輸送システムへの最低投資額は、ナフトガス社の計画の倍にあたる118億フリブナである。
-------
 将来性が見込めない事業への追加投資をとりやめ、と。ウクライナを迂回するトルコ・ストリームとノルド・ストリーム2はともに実現する、と予測しているようです。
 ウクルトランスガス社は、ナフトガス社のガス輸送部門子会社。
posted by 藤森信吉 at 12:58| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

ウクライナ、ノルウェー・ガスを輸入可能に

 こちらによると、2022年以降、ウクライナはノルウェー・ガスを直接受領することが可能となる。
 ビリャフシキー・エネルギー石炭産業相顧問は、6月9日にポーランド・デンマーク間でガス直接供給インフラ協力に関する覚書が調印されたことを引用し、「ノルウェーガスのウクライナ直接供給は2022年以降、現実のものとなる。ウクライナ・ポーランド間の接続建設が残されるだけだ。秋にはパイプの調達が開始されねばなるまい」と述べた。



-------
地図で見ると バルト海底でノルド・ストリームと交差するようだが、技術的には特に問題にならないのだろう。
posted by 藤森信吉 at 14:03| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

ストックホルム仲裁決定がティモシェンコに飛び火

 こちらによるとポロシェンコ連合党は、ティモシェンコに対する捜査再開を求める予定である。
 イワン・ヴィンニク議員(ポロシェンコ連合党)は、ストックホルム仲裁が確定するウクライナ国家の損失額は、刑事訴訟の根拠となるとの見方を示した。 
 議員は「ストックホルム仲裁の決定で、ウクライナは20億ドルの補償金を受け取れることになっているが、確定はしていない。確定次第、2009年ガス契約に調印した者に対する捜査へ移るだろう」との見解を示した。
 これに対し、祖国党会派のリーダーティモシェンコ議員は、野党「祖国党」を潰すために政権が、ストックホルム仲裁の決定を利用している、と批判した。ティモシェンコ議員によると、「take or pay」原則は、当時、ヨーロッパ各社がガスプロムと契約する際の典型的な条項であったが、2011年に欧州委員会が反独占調査を行い、それ以降、除外された、という。「ドイツ、チェコ、ポーランドに続いて、ウクライナでも除外された。特別なことは何もない」と反論した。また、「今日、ポロシェンコ政権は、ウクライナ国内生産のガスに285ドル/1000m3もの値を付けている、2009年時点の価格より高い」と批判した。
------
このままでいくと、次の大統領選挙はティモシェンコvsポロシェンコの一騎打ちか。典型的なポピュリストvsオリガルヒの戦い。
posted by 藤森信吉 at 15:27| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

ストックホルム仲裁で勝てそう?

 ナフトガス・ウクライナ社とガスプロム社がストックホルム仲裁で係争中だが、ウクライナ側の見立てがこちらにまとめられているので簡単に紹介。
ナフトガス・プレスによると
・ガスプロムが要求している take or pay は完全に却下
・ナフトガスが要求している市場条件(ヨーロッパのハブ価格)を考慮した価格の見直してを仲裁は2014年以降から適用。
・再輸出禁止条項は完全に却下

また、こちらによると、ガスプロム社は中間決定書をストックホルム仲裁から受け取っており、最終決定は6月末になるという。
 両社は2009-19年ガス契約をめぐって係争中であり、4月時点では、販売契約をめぐりガスプロムは457億ドルを、ナフトガスは179億ドルをそれぞれ要求している。
-------
ナフトガス社は輸送契約についてもガスプロム社に違約金を請求しているが、こちらの情報はなし。
take or pay条項が却下されると、ガスプロムはほとんど取れないことになりますが、果たして。
posted by 藤森信吉 at 13:01| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

スロヴァキアからのリバース輸入1000日

 こちらによると、スロヴァキアのリバース輸入ルートが開通してから1000日が経過した。 
 2014年9月2日から5月29日までの間、ウクライナは270億m3のガスをこの経路で輸入した。「本ルートのおかげで、ウクライナはロシアからの輸入なしに冬を2回越せた」とベリャフスキー・エネルギー石炭省顧問は述べた。
スロヴァキア経由でウクライナは2014年に36億m3、2015年に97億m3、2016年は91億m3、そして2017年1-3月期には48億m3を輸入した。
ヨーロッパ諸国からのリバース輸入のアイデアは2009年に生じ、2012年11月にポーランド経由で、2013年4月からはハンガリー経由で、そして2014年9月からはスロヴァキア経由で輸入を開始した。スロヴァキアからウクライナへのブジンツェ点の輸送容量は4250万m3/日あり、技術的には5500-6000万m3/日まで増加させられるが、まだ実現していない。
posted by 藤森信吉 at 12:20| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ、人民共和国に電力/水道を垂れ流し

こちらによると、2016年にウクライナはドンバス占領地域に15.17億フリブナの電力、30億フリブナの水道を無償供給した。
 ヴォイツツィカ最高会議代議員がエネルギー石炭省に請求したデータによると、ルハンシク州の占領地区には12億8800万kWh(17.18億フリブナ)を供給し決済率は24.2%で債務額は13.96億フリブナであった。ルハンシク州の占領地域への電力供給は停止されたが、ドネツィク州への供給は続いている。また、ドンバス水道社に対する債務は28億8984万フリブナ(VAT込)に達している。正確な債務額はさらに膨れ上がる、と述べられている。

 
posted by 藤森信吉 at 12:19| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

ウクライナ、無煙炭を必要とせず?

 こちらによると、2019年にはウクライナは無煙炭から無縁(笑)となる。
 ナサリィク・エネルギー石炭産業相は「無煙炭は、ガス炭(マークG)に完全に置き換えられる。我々は2019年には完全に無煙炭依存を解消する。このコンセプトは国内ガス炭生産に向けられている」と述べた。
 大臣によると、ウクライナは2016年は1060万トンの無煙炭を使用したが、本年度700万トンとなる。
-------
無煙炭は人民共和国産に依存するため、発電所をマークG炭用に改修中とのこと。
(石炭マークGに相当する単語が分かりません)
posted by 藤森信吉 at 11:32| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

原発依存率、上昇

 こちらによると、2017年1-4月期の原発依存率(総発電量に占める原発の割合)は57%に上昇した。前年同期は53.9%であった。
 1-4月期、原発の発電量は前年同期比で8%上昇した。
--------
 人民共和国からの石炭が2月から途絶えたため、原発フル稼働という図式。過去のデータを見ると分かるが、「原発依存率」と「ウクライナ経済の安定」は反比例している。原発依存率が一番低かったのは独立直後(笑)。
因みに過去最高を記録した2015年の原発依存率は55.6%、2016年は52.3%。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 12:39| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする