2019年03月16日

ガスプロムの対モルドヴァ・ガス価格

 こちらによると、2019年度第一四半期のガスプロム社の対モルドヴァ価格は237.46ドル/1000m3で前年同期比25%増であった。
 国家エネルギー規制委員会によると、この価格は四半期のみ適用される。また、2018年度のガス輸入量は11.3億m3で前年比9.3%増、金額にして34%であった。
------------
ドドンは、「モルドヴァはロシアガスを値引きで買えるチャンスがある」と言いながら結局は値上げ、ということでモルドヴァのネットからバカにされている模様。私の記憶が確かなら、ドドンとロシアの蜜月とか、個人的信頼関係とかは無関係で、ガス契約書の価格フォーミュラで決定されているはず。
posted by 藤森信吉 at 17:14| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

ナフトガス、またまたロシアに勝利

 ナフトガス・ウクライナ社によると、ハーグの常設仲裁裁判所は、クリミアにおいてロシアが違法にナフトガス社の資産を収奪した、と認定した。
 コボレフ・ナフトガス社長は「重要な勝利である。ロシアのクリミア併合コストは日々増え続けている」と指摘した。仲裁裁判所は、ロシアによるナフトガス社への処置は違法であり、かつロシアはクリミア上を含むウクライナ側資産を尊重・保護しなければならないという二国間投資保護条約を侵害している、と結論付けた。
 審議は今後、ナフトガス社への補償額確定という第二段階に入るが、ナフトガス社は50億ドル相当の資産が収奪された、としている。



----------
 「投資保護条約違反で提訴」は、日韓の徴用工問題でも使えると思うんですがねえ。
posted by 藤森信吉 at 21:32| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メドヴェージェフ首相「ウクライナ領経由のガス輸送は条件付きで継続」

 こちらによると、メドヴェージュフ・ロシア首相は、Luxemburger Wort紙とのインタビューにおいて、2019年末のガス輸送契約失効後のウクライナ領経由輸送について、利害関係を持つ企業間での調整であり、経済的商業的に有益な契約、安定した政治環境が条件である、とした。
posted by 藤森信吉 at 17:24| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

ウクライナ、核燃料のロシア依存度は7割

 こちらによると、2018年、ウクライナの原子力発電所はロシアTVEL社製核燃料を3億7462.12万ドル(シェア71.6%)、スウェーデンWestinghouse製を1億4853.02万ドル(28.4%)購入した。
 2017年は価格ベースでTVEL( 69%) :Westinghouse(31%)、2016年は同70%:30%、2015年は95%:5%、2014年は94%:6%、2013年は100%:0、2012年は93%:7%だった。
------------
金額ベースだけでなく、燃料棒の本数ベースでも知りたいところ(おそらくTVEL製の方が単価が低い)。いずれにしてもかつてのTVEL独占を政策的に切り崩し中。
posted by 藤森信吉 at 15:56| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

ナフトガス、3者ガス輸送協議におけるガスプロムの交渉姿勢を批判

 ナフトガス・ウクライナ社のヴィトレンコ商務局長はfacebook上で3者ガス協議に関するコメントを発した。
 それによると、
1.ガスプロム曰く「実際の輸送交渉はウクライナがストックホルム調停を破棄、両者間の「平和合意」に至った後になされる」。ガスプロムの脅迫姿勢は相変わらず続いている。
2.欧州委員会とウクライナは調停結果に関して共通の理解がある。
3.ノルド2を支持するドイツ政治家に、ウクライナ領経由の輸送の必要性を訴えれば、彼らはストックホルム調停の履行、というウクライナの立場を支持し、ウクライナ領経由の輸送契約の協議開始を支持するはずだ。
4.ナフトガス・ガスプロム間のバランス関係が回復された場合、ガスプロムは契約延長の用意があるが、ウクライナ法に矛盾することには無頓着である。
5.現行の契約の問題はガスプロムの解釈によれば輸送量に関する保証がなく、数年間の契約延長があったとしてもノルドストリーム2完工後にウクライナ経由はゼロになることになる。
-------
 うーむ、ノルド2完工までのつなぎ、という図式は何も変わっていないようだ。
posted by 藤森信吉 at 12:55| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

欧州委員会、ウクライナ経由のガス輸送3者協議にコメント

 こちらにウクライナ経由のガス輸送三者協議に関するシェフチョビッチ欧州委員会エネルギー担当委員の声明が掲載されているので、忘備録的にコピペ。
・2018年7月半ばに第一ラウンド、今回が第二ラウンド、5月に次の協議。今年度末までにゴールに達したい。
・将来の輸送について、契約期間、量、料金について協議。またウクライナのガス輸送システムへの投資・維持、法的技術的要求も協議。
・ウクライナ側とはアンバンドリングについて協議。
--------
5月に次の協議ということは、大統領選挙後か。
posted by 藤森信吉 at 14:50| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

ウクライナ産ガスの原価は250ドル

 こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社長は、ウクライナ産天然ガスの原価が250ドル/1000m3である、と明かした。
 コボレフ社長は、ウクライナで産出する天然ガスの原価は、ナフトガス社の子会社であるウクルハスヴィドブヴァンニヤ社においては、資本投資のためのクレジット、輸送費、税を除くと、設備投資、開発資金、採掘費、土地取得額生産開発の関連費用全て含めて250ドル/1000m3である、とテレビ局の番組内で明かした。またコボレフ氏によると、民間ガス採掘企業の生産原価はさらに高い、と指摘した。
-----------
 野党が「住民向けガス代を値下げしろ、ナフトガスはぼったくり」と選挙戦で政権批判しているので、数字を提示。おそらくティモシェンコは「フェイク」と一蹴するでしょう。まあ政権交代すればナフトガスのトップは入れ替えられますが。


posted by 藤森信吉 at 18:52| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

プーチン、ウクライナ領経由のガス輸送維持に意欲

 こちらによると、プーチン大統領は、ウクライナ領経由のガス輸送について協議予定であることを明かした。
 セルビア大統領との会談後、共同記者会見において、トルコ・ストリーム経由でセルビアにガスを供給する問題について質問されたプーチン大統領は「トルコ・ストリームでヨーロッパ消費者にガスを供給する用意があり、またサウス・ストリーム計画の再開も計画している。この計画はノルド・ストリーム2を損なうことはない、ガスプロム社指導部は、次週、ブリュッセルにおいて、ヨーロッパへのロシア・ガス供給量増加を考慮してウクライナ領経由の輸送を含む問題について協議予定であり、昨年度、記録的な2000億m3を供給し、今後も増え続ける」と答えた。
--------
一行でまとめると「全部やる」。
ウクライナ領経由の輸送については、ウクライナ側が輸送料引き下げに同意したのでしょうか。
posted by 藤森信吉 at 15:13| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

ウクライナ、天然ガス輸入量減る

 こちらによると、2018年のウクライナ天然ガス輸入量は105億9020万m3で2017年比マイナス24.6%だった。
 内、スロヴァキアから64億5900万m3(マイナス34.8%)、ハンガリーから34億4110万m3(プラス21.4%)、ポーランドから6億9010万m3(マイナス47.1%)だった。ウクライナは2015年11月26日以降、ガスプロムから天然ガスを輸入しておらず、もっぱら西部国境から輸入している。
 一方で、国内生産量は208.9億m3で前年比0.3%増となった。
----------
ウクルトランスガス社のデータ。スロヴァキアから、はスロヴァキア・ウクライナ国境から入ってきたガス量を示す。貿易統計では、スイスとかフランスが輸入先として上がるはず。
posted by 藤森信吉 at 11:29| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

新年から暖房費とお湯値上げ

 こちらによると、2019年1月1日から26の熱供給基地が生産する住民向け暖房およびお湯の料金が値上げされる。
 閣僚会議紙に掲載されたエネルギー公共サービス規制国家委員会の決定によると、値上げは11月1日から熱供給基地向けガス料金を22.9%引き上げる政府決定に関連したものであり、これはIMF融資の条件の一つとなっていた。
 同委員会委員長は、住民向けの引き上げ幅を23.5%に、また予算執行部門向けの引き上げ幅を22%に収めることができた、と自賛している。
---------
1月の使用料がいつ請求されるのか気になるところ。3月31日が大統領選挙投票日。
posted by 藤森信吉 at 13:08| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする