2017年01月01日

ザハルチェンコ元首の新年あいさつ

 こちらにザハルチェンコDNR元首の新年のあいさつが掲載されているので紹介。
・ロシアの支援のもと、ドネツク人民共和国は3度目の新年を祝った。親戚や知人の死、経済封鎖を経験してきたが、人々は自らの将来のために戦い続けている。
・我々は国家を建設し、経済の成長を遂げつつある。共和国指導部は、2016年は全体的に肯定的であったと評価しているが、2017年は、ドンバス平和のために戦うことを約束したい。
-------
本人は自覚していないと思うが、ザハルチェンコの冒頭の呼びかけは、Дорогие земляки で、дончанではない。
同様に、プロトニツキー(ルガンスク人民共和国)はДорогие соотечественники。
ポロシェンコの呼びかけはДорогі українці(Дорогие украинцы)
posted by 藤森信吉 at 12:39| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

ドネツク人民共和国、経済成長率52%!

こちらによると、ドネツク人民共和国の経済成長率は52%だった。
 ザハルチェンコ元首は、住民との直接対話集会において、今年度の経済成長率は52%であったと述べた。
「2015年は残念ながら多くの企業は操業を停止していた。2016年は安定の年となった。今年度の結果として、52%の経済成長を獲得した」。ザハルチェンコ元首は、今年度、多くの企業がロシアに供給を開始しており、国庫を満たすことになる、と付け加えた。
---------
DNR統計局HPに成長率のデータなし。何の成長率なのか分からないが、おそらく、操業開始に加えて、当局が捕捉できる企業数が増えたためではないか。しかし、52%ねえ…スーパーの値札98円とかじゃないけど、キリが良い数字±2、というのはかなり人為的なものを感じる。

posted by 藤森信吉 at 13:33| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

人道援助コンボイ第59弾、到着

 こちらによると、ロシア非常事態省が組織する「人道援助コンボイ」第59弾が、ロシア国境を越えて人民共和国に到着した。
 ウクライナ国境警備局長の報道官によると、ロシア外務省からの書類では40両と記されていたが、46両が越境してきた。ウクライナ側は目視観測のみであり、斯様な越境は国際規範およびウクライナ法に違反している、としている。
 また、ドネツク人民共和国の報道によると、DNRに250トン(ベビーフード140トン、新年の子供用プレゼント10トン、医療品72トンがもたらされた。第58弾の人道コンボイは11月24日に到着しており、290トン以上をもたらした。
posted by 藤森信吉 at 20:46| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

ドネツク人民共和国、ロシアのディプロマ受領者増加

 こちらによると、2016年、千人以上のDNRの高等教育機関の学生がロシアのディプロマを受領した。
 DNR教育科学相によると、本年度1-12月に1014名のDNR学生がロシア様式のディプロマを受領した。事実上、人民共和国とロシアの2つのディプロマを取得したことになる。
 2015年以降、ロシア高等教育機関のディプロマを受けたDNRの学生は三千人を超えており、ロシア高等教育機関の提携サテライトやドネツクからのビデオ会議によって諮問を受けた者たちである。
 DNR高等教育機関の学生は皆、ロシアで提携校を見出し、自ら協定を結ぶことができる。
---------
 文面からすると、学士ではなく、専門家(スペシャリスト)とか博士のディプロマのように思えるが、それだと人数が多すぎるか。それ以前に、人民共和国の教育レベルはFラン。
posted by 藤森信吉 at 00:02| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

ドネツク人民共和国の上9か月貿易統計

 こちらにドネツク人民共和国の1-9月貿易統計のデータが掲載されているので紹介。
・世界18か国に輸出、内41.9%はルガンスク人民共和国、36.9%がロシア
・輸出品構成率は 鉱物燃料 23.2%、乳製品 7.3%、油糧種子類、油糧果実類7.1%、機械・機械装置類6.9%
---------
対ウクライナが出てこないのが不思議。鉄鋼のシェアが非常に低いのも気になる。統計処理上の問題だろうか。
posted by 藤森信吉 at 00:32| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

ウクライナ、ルガンスク人民共和国への電力・水道をカット

 こちらによると、ウクライナ側からルガンスク人民共和国への水力がカットされている。
 ジェイネガ・LNRミンスク会議代表によると、ウクライナ側は12月1日からLNRへの水道供給を、ペトロフスキー水路経由で停止、西フィルター場経由で半減させた。他方で、電力供給に関してはすでに深刻であるが、停止して住民の生命を冒すようなリスクは取らないだろう、と希望的観測を述べた。



posted by 藤森信吉 at 13:24| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

ドネツク人民共和国、150名の外国人にパスポート発給

 こちらによると、DNRは約150人の外国人に人民共和国パスポートを発給した。
 3月16日の発給開始以来、100名のロシア国籍人、40人のフィンランド、フランツ、ラトヴィア、イタリア、セルビア国籍人がドネツク人民共和国のパスポートを受領した。また、11月時点で2万6500人の住民がパスポートを受領し、3万3千人が申請中となっている。
--------
DNR統計によると、現在の住民数は230万人だから、全人口の1%のみがパスポートを受領。現状、ウクライナパスポートを持っていない・破損・紛失してしまった人以外は必要ないので当然か。外国人へのパスポート支給は完全にお土産。
posted by 藤森信吉 at 14:03| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

ドネツク人民共和国、地方選挙を2017年に実施

 こちらによると、ザハルチェンコ元首は地方選挙の延期の理由は、共和国政権のミンスク合意へのコミットメントによるため、と述べた。
 DNR住民との直接対話においてザハルチェンコ氏は「キエフは選挙実施のための法案や条件を採択しておらず、我々は延期を決めた。しかしながら無限に延期することはない。2017年に、ミンスク合意の枠だろうが、自主的にだろうが、選挙を実施する」と述べた。また、ミンスク合意の履行は必要であるがキエフが履行していない、とも述べた。
--------
 何度目の延期か忘れてしまいましたが、10月に行った予備選挙とやらの意味がますます不明に。
posted by 藤森信吉 at 12:55| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

ドネツク人民共和国、アルコール販売を制限

 こちらによると、DNRではアルコールの深夜販売が禁止される。
 10月27日に発効した「アルコール・タバコ製品の生産および流通規制法」によると、アルコール製品およびタバコの販売・使用が制限される。アルコール製品はスポーツ施設、公共空間(玄関、エレベーター、階段、子供広場、公園、休暇施設、旅行施設等)での販売が禁止され、販売ライセンスが必要とされる。また23時から8時までの販売が禁止される。
------
 夜間外出禁止令が出ているはずだがら、深夜の販売禁止はホテル内のバーくらいしか対象にならないような気がする。ホテルに客はほとんどいないけど。
 

 
posted by 藤森信吉 at 11:25| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

ウクライナ代表団、デバリツェベの支配回復を要求

 クチマ元大統領の報道官によると、ドンバス和平を巡る3者コンタクトグループのビデオ会議が開かれ、ウクライナ側は、デバリツェベの支配権を要求した。
 DNR、LNR代表を交えた3者会議において、ウクライナ側はミンスク1(2014年9月19日調印)で規定されたウクライナ側のデバリツェベに対するコントロール項目について注意を喚起し、ドネツク・ルガンスク州の特別地域の代表(=人民共和国)が規定違反していること、また禁止されている重火器の配備を行っていることを指摘した。
-------
 2015年2月の激戦地であったデバリツェベ(ロシア語でデバリツェボ)、ここでウクライナ軍が大敗、撤退して、ミンスク2が調印された訳だ。鉄道の拠点地であり、聞くところによるとロシアから工兵チームがやってきて、速攻で修復してしまったらしい。
 それはともかく、原則論を主張して交渉をGDGDにさせるのはウクライナのお得意戦術といえる。欧米が、ロシアのドンバス介入を非難し続けている一方で、実はウクライナもミンスク2履行のやる気ゼロ。
追記)
・ロシア、デバリツェベのウクライナ管理に反対
・DNR、デバリツェボは渡さない
posted by 藤森信吉 at 00:09| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする