2019年08月29日

ドネツク人民共和国、既に12300人がロシア国民パスポート受領

こちらによると、ドネツク人民共和国の住民でロシア国民パスポートを受領した者は12300人に達した。
 共和国内務省移民局によると、住民でロシア国民パスポートを手続き簡素化様式で受領した者は12300人を超えた。同パスポート受領第一弾は6月14日にロストフ州内で行われた。ロシア国民パスポート受領の条件は、共和国パスポートの所持である。
-----
一か月5000人のペース。ドネツク人民共和国のパスポート人口を200万人とすると、全員がロシア国民パスポートを受領するまでに30年以上かかる計算にw
posted by 藤森信吉 at 10:44| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

ドネツク人民共和国で国勢調査実施

 こちらによると、ドネツク人民共和国で10月1-14日に国勢調査が行われる。
 政府決定によると2020年第二四半期に最終結果が公表される。
-------
 これ、気になるな。まさかロシアが併合する前触れか? ルガンスク人民共和国で国勢調査実施のニュースは現時点ではなし。
4月のニュースで、ルガンスク人民共和国でも10月1-14日に国勢調査実施。
http://lug-info.com/news/one/perepis-naseleniya-proidet-v-respublike-s-1-po-14-oktyabrya-2019-goda-sovmin-lnr-44748
posted by 藤森信吉 at 13:47| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

人民共和国で社会主義リアリズム復興

 こちらによると、ルガンスク人民共和国政府はゴーリキ彫刻家公園に「オールを持つ女性」像を復活させている。
 9月14日の「ルガンスク市の日」に合わせたもので、現在、作業が進行中である。
------------
 wikipediaによると社会主義リアリズムを代表する彫刻、だそうです。
posted by 藤森信吉 at 13:08| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

両人民共和国、年金と給与を引き上げ

 こちらによると、ドネツク人民共和国は7月1日から年金と公務員給料の引き上げを予定している。
 プシリン元首によると、「予算部門および国家公務員は7月1日から給与が35%引き上げられる。同様に年金は25%増額される」と述べた。さらに「2020年1月からはさらに増額が予定されており、給与は35%増、すなわち現行から70%増、年金は27%増、同52%増となる」と付け加えた。
 ルガンスク人民共和国でも同様の引き上げが決定されている。
--------
 両人民共和国とも、引上げ時期・引上げ幅がまったく同じで、外部からの指示であることが明白。ロシアはこんなに外国にばら撒いて大丈夫なのか。
posted by 藤森信吉 at 12:16| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

ねんがんのぱすぽーとをてにいれたぞ

 こちらによると、14日、ロシア連邦ルストフ州ポクロフスコエ村においてロシア国民パスポートの給付がはじまった。
 ドネツク/ルガンスク人民共和国の住民に対するロシア国民パスポートの給付がポクロフスコエ村の内務省移民局において開始された。パスポートの手交手続きは二段階あり、指紋登録に続き、ロシア国民の宣誓を行う。この過程は10分余りである。






-------
 のんびりした場所ですな。青黄赤の三色旗はロストフ州旗。 
宣誓文はこちら。
Я (фамилия, имя, отчество), добровольно и осознанно принимая гражданство Российской Федерации, клянусь:
соблюдать Конституцию и законодательство Российской Федерации, права и свободы ее граждан;
исполнять обязанности гражданина Российской Федерации на благо государства и общества;
защищать свободу и независимость Российской Федерации;
быть верным России, уважать ее культуру, историю и традиции.
posted by 藤森信吉 at 14:25| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

ねんがんのろしあ・ぱすぽーとをてにいれるぞ

 こちらによると、ロシア・パスポート受領者の第一弾がロストフ州にむけ出発した。
 ドネツク人民共和国内務省移民局長は、34名がパスポート受領のためロシア・ロストフ州ポクロフスコエ村に向け出発した。これは第一弾であり、今後、給付を認められた名簿に従って毎日、ロシア領に出発する。既に人民共和国では8000以上の申請書が受理されており、内7500がロシアに提出されている、と述べた。



--------
 申請は人民共和国内でできるが、さすがに受領はロシアに行かねばならないようだ。
posted by 藤森信吉 at 14:41| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

ドンバス・サッカーリーグ、発足

 こちらによると、ドネツク人民共和国・ルガンスク人民共和国の統一リーグ「リーガ・ドンバス」が発足した。
 ドネツク人民共和国差フットボール連盟は「6月15日、リーガ・ドンバスがスタートする。ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の優良チームが参加する合同リーグ戦を行う」との声明を発表した。リーグには8チームが参加し、4チームからなる2組に分かれる。各々の組にはドネツク人民共和国2チーム、ルガンスク人民共和国2チームが含まれる。
 リーグの詳細はこちら
posted by 藤森信吉 at 13:43| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

人民共和国、夏季の夜間外出禁止時間を導入

 こちらによると、ドネツク人民共和国は夏季の夜間禁止時間を23:00-04:00と定めた。
 元首令によると、6月1日から9月30日まで、夜間禁止時間は23:00-04:00までとなる。5月31日までは、23:00-05:00が外出禁止時間だった。
また、6月21日23:00〜22日の05:00までの夜間外出禁止令は、教育機関の卒業パーティーのため一時的に停止される。
-------
 夜間外出禁止、人民共和国では未だ有効でしたか。2016年2月にドネツク市に行った際、10時過ぎには繁華街の人通りが完全になくなり、朝まで車が一台も通らなかった。6月21日はプロムか・・・・陰キャにとってプロムは地獄。
posted by 藤森信吉 at 18:53| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

新政権、ロシアと対話の用意

 こちらによると、ボフダン大統領府長官は、ドンバス和平でロシア側と交渉の用意があると述べた。
 「1+1」局のトーク番組内で、ボフダン氏は「ロシアは侵略国で我々の領土を占領しているが、領土と人民を渡さない限り、協議相手とならねばならない」と述べた。また「人民共和国」指導者との交渉についてはロシアが紛争当事者としていないため自律的な対象でなく決定に参加できない、との見解を述べた。また新大統領とロシアとの交渉は、ウクライナ国民を故郷に還す意味で意義を持つ、と述べた。
ビデオはこちら https://liveam.tv/pravo-na-vladu-23-05-2019.html

posted by 藤森信吉 at 11:56| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

ドネツク人民共和国建国5周年

 こちらによると、11日、ドネツク市でドネツク人民共和国建国5周年式典が開催される。
 ドネツク市を訪問したルガンスク人民共和国元首は、ツイッター上で「兄弟共和国の建国、おめでとう!」と記した。ドネツクには、ロシア、アブハジア、南オセチアから約20名の来賓が訪れている。2014年5月11日、ルガンスクおよびドネツク人民共和国領において、レファレンダムが行われ、ルガンスクでは81%、ドネツクでは75%が投票に参加、独立にそれぞれ96.2%、89.7%が賛成票を投じた。翌12日に両人民共和国の主権が宣言された。



------
 スルコーフ同志の祝辞はこちら
 ♪銀鷲輝く共和国の〜栄えある光身に受けて 今こそ祝へこのあした 紀元は5年 ああ 350万の胸はなる
posted by 藤森信吉 at 22:15| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする