2018年06月16日

新内閣でもロシアの人民共和国政策は変わらず

 こちらによると、ドミトリー・コザークが引き続き人民共和国の人道支援を担当する委員会を監督する。
 2014年末に立ち上げられたウクライナのドネツィク・ルハンシク州領被災者人道支援に関する省庁間委員会はロシアの新内閣発足でも継続される、と消息筋は述べた。責任者はドミトリー・コザーク副首相である。クリミア、セハヴァストリーポリその他地域の全権はムトコ副首相に移譲された。昨年9月、コザークが議長をした会議で、クリミア、カリーニングラードのプロジェクトを行うため、人民共和国への人道援助の停止が協議され、然るべき措置が財務省に送られた。
 クレムリンにおけるドンバスの政治問題担当陣営も同様に変わっていない。スルコーフが引き続き担当する、とペスコフ報道官は述べた。これはプーチン大統領が、ドンバス問題の戦略を変える意思がないことを示しており、また代わりの人物がいない、交替した場合のリスクがあると考えれている。ミンスク合意の凍結化はクレムリンに好適である、と消息筋は述べている。MUGIMOのソロヴェイ教授は、モスクワは沿ドニエストル路線をとっており、ロシアの条件でドンバスをウクライナに再統合する機運は熟していない、「沿ドニエストル化」はロシアやドンバスにおける特定のグループと結びついており、ウクライナからの密輸の窓を維持することによるビッグビジネスは過小評価してはならない、と述べた。
-----------
FSB・GRU・コザーク・スルコーフの役割分担については諸説あり。
posted by 藤森信吉 at 09:56| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

人民共和国、Vodafoneのサービス継続を求める

 こちらによると、両人民共和国は、Vodafoneのネットワークサービスの継続を書面で求めた。
 コンタクトグループは、両人民共和国におけるVodafoneネットワークのサービスについて人民共和国提案のロードマップを継続審議することとなった。5月16日に、ドネツク人民共和国はVodafoneのネットワークサービスに関する事案-ウクライナ企業の技術要員の法的地位や補修工事の工程協議や電力支払いメカニズムについての合意過程-を提示していた。
--------
 要は、人民共和国独自の携帯キャリアは糞、ロシアの携帯キャリアは助けてくれない、と。
posted by 藤森信吉 at 00:20| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

フェニックス契約数、130万人を突破

 こちらによると、ドネツク人民共和国の独自キャリア「フェニックス」のベース契約数が130万をとっぱした。
 人民共和国通信相によると、契約は1326000件であり、目下、通信品質の向上のために恒常的な作業が行われている。189の基地が設置され、54の基地が交換、122の基地が廃止もしくは損傷した。フェニックスは、2015年6月から事業を開始している。
----------
今話題のフェニックスに便乗。ドネツク人民共和国の全住民の半分はフェニックス契約者ということに。
posted by 藤森信吉 at 10:05| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

元t.A.T.u.のレーナ、ドネツクでコンサート(笑)

 こちらによると、ドネツク人民共和国の社会団体「統一ドンバス」財団は、6月2日児童保護の日に、ロシアのアーチストによるコンサートをドネツク市で開催する。
 本コンサートには、ウクライナ側ドネツィク州の住民が招待される。参加アーチストは、「プリメール・ミニストル」、元タトゥーのレーナ、ユリア・ナチャロヴァである。入場は無料。





--------
 キエフ市のUEFAチャンピオンズリーグ 決勝に対抗したつもりか?  
posted by 藤森信吉 at 12:47| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

ザハルチェンコ「ドネツク人民共和国はロシアとの統合を進める」

 こちらによると、ザハルチェンコDNR元首は、ロシアとの統一軍事・政治・経済・文化空間の創設を目指すと述べた。
 社会団体「ドネツク共和国」集会において、ザハルチェンコは「独立路線と兄弟ロシアとの接近を強化する。手に武器を携えて自由と独立の権利を守ってきた。我々はロシアと連邦、統一軍事・政治・経済・文化空間において合同する。将来的なロシアとの合同が我々の確固たる選択だ」と述べた。ザハルチェンコ氏は2018年の元首選挙に出馬する意向を既に示している。
posted by 藤森信吉 at 10:26| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

累積する人民共和国の水道債務

 こちらによると、ドネツク被占領地域の水道代債務額は28億フリブナに達している。
 ジェブリフシキー・ドネツク州軍民府長官によると「ドネツク州のウクライナが支配する領域では水道代は30フリブナだが、被占領地域では7フリブナであり、経済的に無理があるが、さらにそのような料金体系でも支払っていない。債務は28億フリブナに達している」とfacebook上で述べた。ジェブリフシキー氏は、ドンバス水道公社の給料引上げには、リストラや支出減らし、エネルギー効率を高める必要がある、と指摘した。
---------
 28億フリブナというと約1億ドルで巨額。人民共和国側が域内住民から徴収した水道代は丸々、当局の懐に入って、ウクライナ側の水道公社には支払っていないということ のようだ。しかし、人民共和国は水道も電気も安い訳で、素人考えでは、大麻LED野菜プラントなんかもいけそうです。

posted by 藤森信吉 at 11:59| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

ドネツク人民共和国パスポート、17万人分を発給済

 こちらによると、ドネツク人民共和国のパスポート受領者は17万人に達した。
 ドネツク人民共和国移民サービス部長は「ドネツク人民共和国パスポートを17万部を発給済である」と述べた。2016年3月16日にパスポート発給が開始され、第一弾20部のうち一部はザハルチェンコ元首が受け取った。昨年だけで11万1千人分が発給された。
------
ドネツク人民共和国の公式人口(ほとんど意味がない数字だけど)は230万人なので、人口比7.4%。このペースで進むと、対象住民全てにパスポートが行き渡るのに、あと15年必要ということにw
posted by 藤森信吉 at 20:56| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

ドネツク人民共和国「ウクライナへの渡航禁止令はデマ」

 こちらによると、 ザハルチェンコ・ドネツク人民共和国元首は、DNR住民の3/1以降のウクライナ領への渡航禁止のニュースは、事実を反映しておらず、共和国の混乱を狙ったものである、と述べた。
 SNSやウクライナ・マスメディアで流布されている「3/1からウクライナ領への渡航が禁止されるとの元首令58号」は偽造である、とザハルチェンコ氏は指摘した。ザハルチェンコ元首は昨年12月にウクライナ領への渡航制限令を出していたが、これは国家公務員、検察、公安関係者に限定されたものであり、これに追加する決定は出されていない、ニセ元首令の拡散はフェイクかつ煽動である、とした。
---------
 アフメトフ財団の情報によると、2月20日のウクライナ・人民共和国間の往来数は4万人、5千台なので、渡航禁止令はちょっと無理。
しかし 昨年12月の元首令は、かなり広範囲の住民に及ぶような感じもする。私がドネツク人民共和国に渡航した際の同乗者は、国営企業のマネージャー(娘がキエフ大学)と年金基金の職員(老母がウクライナ西部に在住)だったが、彼らも対象に入るとどうなるのだろうか。
posted by 藤森信吉 at 14:04| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

ルガンスク人民共和国、全車両の登録を義務付け

こちらによると、ルガンスク人民共和国政府は全ての自動車所有者に対しルガンスク人民共和国に登録することを課した・
 ルガンスク人民共和国閣僚会議は、ウクライナで登録された自動車の所有者に対し、内務省・国家自動車交通安全監督局GIBDD)に登録する義務を課した。他方でウクライナ・ナンバー/登録書の回収は行われない。
 法人は2018年12月31日までにナンバープレートと登録書を受け取らねばならない。自然人は2019年12月31日までである。
posted by 藤森信吉 at 22:08| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

DKR建国 100周年!

 こちらによると、ドネツク人民共和国はドネツク・クリヴォイログ共和国建国100周年を祝った。
 ザハルチェンコ元首は「100年前、我々の先祖は、平等・自由・正義にイエスを、西側にノーを宣言した。ドネツク・クリヴォイログ共和国は大変困難な時期に建国され、残念なことに敵勢力によって抑圧されてしまった。ちょうど100年後、我々子孫は、その国章を拾い上げ、平等・自由・正義にイエスを、そして西側にノーの声をあげている」と集会において述べた。人民共和国の指導者達はDKR建国者アルチョーム同志のモニュメントに花を手向けた。
 100周年を記念し、宇ランドテーブル、展覧会、切手の発行、コンサート等のイベントが開かれた。
 ドネツク・クリヴォイログ・ソヴィエト共和国は、1918年1月30日(2月12日)にハリコフで開催された第4回ドネツク・クリヴォイログ炭田労働代議員ソビエトにおいて建国が宣言され、リーダーはキーロフやスターリンの友人であるフョードル・セルゲーエフ(アルチョーム同志)であった。共和国の領土は一か月後にウクライナ・ソヴィエト共和国に含まれ、1919年2月17日に事実上、消滅した。ドネツク・クリヴォイログ・ソヴィエト共和国には、今日のウクライナの両人民共和国領、ドニプロペトロフスク、ザポロジア州、そしてハリコフ、スゥミ、ヘルソン、ニコラエフ州の一部、ロシアのロストフ州の一部が含まれていた。首都はハリコフで、後にルガンスクに移った。
posted by 藤森信吉 at 12:07| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする