2016年03月09日

ドネツク人民共和国から戻りました

という訳でようやく帰国しました。
 出入管理通過ポイント(KPVV)が目まぐるしく変わるのに振り回されるも、なんとかDNRに「入国」し、そして「出国」しました。
 ドネツク市の表面的な感想を書くと
・市内は平穏というよりスカスカ 往時の4割とも5割とも
・市内に装甲車両、軍人さんは見かけず(境界地域に集中)、警察、交通警察の数も少ない
・レストランはかなりおいしい(特にステーキ肉。我々が日本で食っている一枚肉は本当に肉なのだろうか)
・サービス(タクシー、洋服リフォーム)はとても安い。
・スーパーは謎ブランド商品だらけ。同一ブランドはウクライナの方が安い。
・壊されたらしいレーニン像はご無事。警備なし(笑)
・テレビ番組はとてもつまらない(90年代のモスクワやキエフのレベル)
・タバコは謎ブランドだらけ且とても安い。喫煙率高し。
・インターネット検閲を確認。
・DNRナンバー車は存在した(英語表記でDPR)。
sDSC04859.jpg
posted by 藤森信吉 at 15:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道スラブ研究会(3/22)で報告します

 3月22日、北海道スラブ研究会で報告いたします。
2016年3月22日(火)17:00〜18:30
場 所: スラブ・ユーラシア研究センター大会議室(4階403号室)
報告者: 藤森信吉(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター)
題  目:「ウクライナ東部占領地域はどうなっているのか-ドネツク人民共和国滞在記」

posted by 藤森信吉 at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

ブログ更新遅れのお知らせ

 海外出張により、ブログ更新が停滞・遅れることがございます。ご了承ください。
posted by 藤森信吉 at 01:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

JBPressに寄稿しました

posted by 藤森信吉 at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

更新が滞ります

 ネット環境がない場所に滞在するため、金曜日の更新を休ませていただきます。土曜日から再開する予定です。
posted by 藤森信吉 at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

JBpressに寄稿いたしました

 JBpressに
拙稿「ロシアに棄てられ、瀕死の沿ドニエストル-かつての西ベルリンを彷彿させる"経済封鎖"に直面」が掲載されました。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44201
------
 三行でまとめると
・沿ドニエストルが使う「封鎖」という用語は甘え、戦わなきゃ現実と
・ロシアが沿ドニエストル経済を救う政策は見えてこない
・沿ドニエストル政府は政策転換できないので、経済危機は止まらない




posted by 藤森信吉 at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

6/6、ウクライナ研究会で報告します

 ウクライナ研究会で報告させていただけることになりました。
どなたでも参加いただけます。沿ドニエストルのみから成るセッションは日本初?

ウクライナ研究会 第33回定例研究懇談会

日時:2015年6月6日(土) 11:50〜14:30(総会は10:45〜)
場所:早稲田奉仕園中会議室(スコットホール222号室)
   交通アクセス・構内図 http://www.hoshien.or.jp/map/index.html
12:00 報告1 藤森信吉(北海学園大学非常勤講師)
    「非承認国家の黄昏ーー沿ドニエストルはドンバスの先例なのか」
13:00 報告2 松嵜英也(上智大学大学院グローバルスタディーズ研究科国際関係論専攻博士後期課程)
    「ソ連解体期の自治選択に関するクリミアと沿ドニエストルの比較研究」


posted by 藤森信吉 at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

ロシアNIS調査月報6月号に寄稿いたしました

 ロシアNIS調査月報2015年6月号に拙稿「2014年度のウクライナ・ガス市場と今後の展開」が掲載されました。




 表紙のツム百貨店だが、初めて入った時の古色蒼然とした暗さはショックだった。これが共産主義か、と思ったものだ。それから20年後に訪れたアメリカの老舗百貨店も似たような暗さで、日本が明るすぎることに気付いた訳だが。
posted by 藤森信吉 at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

JBpressに寄稿いたしました。

 JBpressに
「ロシア経済に重くのしかかるドンバス問題」を寄稿いたしました。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43667
一行でまとめると
・非承認国家問題は もっと経済に注意を払うべき



↑2004年大統領選挙の時に撮影したドネツク市の写真
posted by 藤森信吉 at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする