2021年03月04日

ゼレンシキー、お約束のノルド2批判

 こちらによるとゼレンシキー大統領は、ノルド2完工は「全ヨーロッパのエネルギー安全保障に悪影響を与える」と述べた。
 シャルル・ミシェル欧州理事会議長との共同ブリーフィング上、ゼレンシキー大統領は「ヨーロッパの指導者、そしてウクライナ人全てが理解しなければならないこと、それはウクライナを迂回するガスパイプライン建設はウクライナ経済の問題だけでなく、全ヨーロッパのエネルギー安全保障にかかわる問題である。完工した場合、ドンバス、クリミアに続き、ウクライナへの強力な一撃となる。ウクライナはEU諸国およびノルド2に対する制裁を科しているアメリカとともに、多くのことを行ってきた。この問題を我々が提起しなければ、ノルド2は既に完工されていただろう」と述べた。 
 
posted by 藤森信吉 at 18:16| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。