2021年02月18日

原発増設の計画

 こちらによると、ウクライナは原発を増設する計画がある。
 ボイコ・エネルギー次官は「原子力エネルギーはウクライナのエネルギーの戦略的かつ基礎的なものであり、成長する必要がある。改修だけでなく稼働延長も必要である。そして現行炉の置き換え計画も実現する必要がある。フメリニツィキー3、4ねそして私見ではロヴノ5号ブロック建設が有望である」と述べた。また、コティン・エネルホアトム社社長代行によると同社は目下、ウクライナ発電の55%を占めている。「11ブロックが稼働している。改修中のフメリニツィキー2も前倒しで稼働し、フル稼働に達した」とコティン氏は述べた。韓国水力原子力発電社が、APR-1400型をロヴノ原発建設する意欲を示している。
posted by 藤森信吉 at 16:46| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。