2020年11月11日

【悲報】フリブナ国債、売れない

 こちらによると、ウクライナ国内債の利率が上昇している。
 10月10日に国内債のオークションが行われ78.8億フリブナを得たが、内6か月債年率換算9%は52.8億フリブナであった。10月13日入札分の6か月債の利率は8%だった。また、1年モノは2億8121万フリブナの入札があったが、利率は10.42%で、これも10月27日入札分の10.3%から上昇している。また8236万ドルのドル建て国債(15か月モノ)の入札も行われ、年換算利率は3.62%であったが、こちらも10月入札分の3.5%から上昇している。
---------
フリブナ債は10月27日に札割れして、財務省が慌てて利率を引き上げたとのこと。
posted by 藤森信吉 at 19:46| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: