2020年10月04日

【朗報】沿ドニエストル住民はモルドヴァに投票に行ける

 こちらによると、沿ドニエストル住民はモルドヴァ大統領選挙の投票に参加できる。
 第一沿ドニエストルテレビ局の報道によると、クラスノセリスキー大統領直轄の作戦本部は「沿ドニエストル住民は、作戦本部の許可なしに、モルドヴァ大統領選挙日、11月1日に地域外に出ることができる」との決定を採択した。モルドヴァ側には、沿ドニエストル住民用の投票所が42か所設置されることになる。
 先週、沿ドニエストル最高ソビエトは12月1日まで域外訪問を禁止する決定を採択していた。現時点で、沿ドニエストルでは3880人のコロナウィルス罹患者がおり、98名が死亡、モルドヴァでは53042名が罹患し1320名が死亡している。
----------
ドドンとクラスノセリスキー(というかシェリフ)間でどんな話がつけられたのでしょうかね。コロナ渦巻く他国(というか対立国)の投票所に時間とお金をかけて出かける酔狂な人間なんぞいない訳で、投票は動員次第。動員主の意向で投票先が決まるといって過言ではない。
posted by 藤森信吉 at 21:27| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: