2020年09月28日

コロモイシキー、キプロス国籍剥奪か

 こちらによると、コロモイシキーらウクライナ政治家のキプロス国籍が剥奪される可能性が出てきた。
 キプロス法務当局は、投資によるキプロス国籍取得プログラム実施に対する捜査を警察に命じた。予備調査によると、投資によってキプロス国籍を受領した者に違反があったという。今月初め、キプロス大統領は、調査委員会は「ゴールデン・パスポート」受領者30名の書類を精査中である、と述べていた。アルジャジーラがの報道を受け、キプロス政府は、18年間に本プログラムよって国籍を与えた全ケースを調査中である。キプロス紙が公表した、2008-12年の間に国籍を受けた34人のリストには、コロモイシキー一族や、ボホリュボフ、フリホリシン、ハイドゥーク夫妻、キペルマン夫妻や、ロシアのオリガルヒ、実業家らが含まれていた。
---------
 リストには、あのイーゴリ・マカロフ(元イテラ)も。ご健在で何より。
posted by 藤森信吉 at 18:14| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: