2020年09月26日

モルドヴァ大統領選挙、ドドンとサンドゥの一騎打ちか

 こちらによると、来るモルドヴァ大統領選挙でのドドンとサンドゥの支持率はほぼ拮抗している。
・International Republican Institute、コンピユーター支援電話インタビュー、7月16-8月23日、モルドヴァ全土、2017人。
・週末に大統領選挙があった場合、誰に投票するか
 サンドゥ20%、ドドン18%、ウサトゥイ7%、ヴォローニン4%、サスタゼ3%、フィリプ3%、中略、投票に行かない10%、態度未定23%
・週末に議会選挙があった場合、どの政党に投票するか
 社会党17%、PAS16%、ショール党6%、我らの党4%、共産党3%、DA3%、民主党3%、中略、投票に行かない12%、回答困難28%
・どれがモルドヴァにとって最大の海外ドナーか?
 EU29%、ロシア17%、ルーマニア16%、アメリカ5%、ドイツ2%、分からない26%
・モルドヴァにとって最重要な経済パートナーは
EU63%、ロシア49%、ルーマニア42%、アメリカ24%、中国23%
・モルドヴァにとって最重要な政治パートナーは
EU53%、ロシア41%、ルーマニア40%、アメリカ21%、中国14%
-------
 ドドン楽勝説があったが、いつの間にか拮抗。EU支持率も上がっているような・・・
posted by 藤森信吉 at 14:04| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: