2020年07月02日

国立銀行総裁、怒りの辞表提出

 こちらによるとスモリティ・ウクライナ国立銀行総裁は大統領に辞表を提出した。
 「長きにわたり、ウクライナ国立銀行はシステム的な政治的圧力を受けてきた。総裁として、国立銀行の効率的運営、他省庁との共同作業をすることが不可能である。この辞表を通じて、反国立銀行の試みに対する警告としたい」との声明が国立銀行HPに掲載されている。
 報道によりと、6月にコロモイシキーに近いドゥビンシキー議員(与党)が起案した国立銀行総裁の業務精査を求める法案を議会課税・関税委員会が本会議で採択するよう求めていた。
posted by 藤森信吉 at 13:24| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: