2020年06月16日

沿ドニエストル、非常事態宣言を解除

 こちらによると、沿ドニエストルにおける非常事態宣言は6月16日以降、解除された。
 大統領直属のオペレーション本部決定によるものであり、しかしながら共和国領の防疫体制は維持される。大統領は「我々の国内保健レベルから緊急事態を解除するに至ったが、しかし、隣国に対してはそうはいかない。モルドヴァでは毎日、200、300、400人の罹患者が記録されている。したがって、隣国が正常でない限り、国境の開放について言及するのは尚早である。ウクライナについても同様だ」と述べた。また、沿ドニエストルからの出国については、「モルドヴァ側へビジネスや葬儀で渡航することは禁止されない。オペレーション本部が各件について判断する、と指摘した。国境閉鎖前には、12時間でモルドヴァ側に1200人が渡航していたが、閉鎖後は200人に落ちている。すなわち、訪問、ショッピング、散策目的の渡航が1000人であったことを示している。これは蔓延時にはおこなってはならないことだ」と述べた。
--------
 6月15日時点で沿ドニエストルのコロナ罹患者は1100人、862人が回復、43人が死亡。モルドヴァ側は11879人、6794人、411人。人口比(1:8)からみると、それほど違いはない。
posted by 藤森信吉 at 16:13| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: