2020年06月13日

「ウラジーミル大公」、ロシア海軍に就役

 こちらによると、ロシアの原潜「ウラジーミル大公」号が就役した。
6月12日の「ロシアの日」、セベロドビンスクのセベロマシにおいて、ボレイ型原子力潜水艦955A型「ウラジーミル大公」号の就役式が行われた。
 エブメノフ提督、モイセーエフ北海艦隊司令、工業通商省次官、副知事、市長らが出席した。「ウラジーミル大公」はボレイ級955Aの改良型で潜水艦第四世代にあたる。ブラヴァ大陸間横断ミサイルと魚雷射出型機雷を備える。

-----------
 中世キエフ国はウクライナでもロシアでもないので、どちらにも正統性がある訳ではなく、使った者勝ち。次のボレイ型原潜はКнязь Олегが就役するようです。
posted by 藤森信吉 at 16:07| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: