2020年06月10日

IMF「ウクライナのGDP成長率はマイナス8.2%」

 IMFは、ウクライナに対し、50億ドルのスタンド・バイクレジットを承認した。
 IMFによると、コロナウィルス禍はウクライナに重大な負荷をかけることになる、として18か月のスタンドバイ合意(SBA)総額50億ドルを承認した。21億ドルが即時に利用可能となる。
 また、2020年のGDP成長率をマイナス7.7%からマイナス8.2%へ引き下げた。また、2021年の成長率を3.6%から1.1%へ引き下げた。
posted by 藤森信吉 at 14:05| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: