2020年05月11日

ジューコフ像、沿ドニエストルに新設

 こちらによると、クラスノセリスキー・沿ドニエストル大統領は、ジューコフ像に花を手向けた。
 クラスノセリスキー大統領は在沿ドニエストル・ロシア軍作戦集団(ОГРВ)領内に新たに設置されたジューコフ元帥像の花を手向けた。ジューコフ元帥はオデッサ軍管区司令をつとめ、チリスポリにも幾度となく滞在していた。大統領はお披露目式に際し「ヨーロッパや旧ソ連諸国においてソ連の人民を非難する動きが出ている。プラハを解放したコーネフ元帥像がプラハ、ハリコフで撤去され、また全ヨーロッパをファシズム、ナチズムから解放したジューコフ像も破壊された。沿ドニエストルにおいて偉大な司令官像が置かれることは全く正しく、沿ドニエストルは自由・独立・歴史的真実の前哨地となっている」と述べた。



------------
 ジューコフ像とかスターリン像とか、どこに発注するのだろうか。
posted by 藤森信吉 at 23:09| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: