2020年02月03日

イラン「ウクライナ人は8万ドル」

 こちらによると、イラン側はウクライナ国際航空墜落の犠牲者に対し、一家族あたり8万ドルの補償金額を提示した。
 ゼレンシキー大統領は、テレビ番組の中で「イラン側は我々に、犠牲者に対する補償額8万ドル/家族を提示した。8万ドルは非常に少ない。人命は金額に替えられないが、それでも引き上げを求める」とコメントした。
 ウクライナ国際航空のボーイング737-800 PS752便テヘラン・キエフ便には167名の乗客と10名の乗務員が登場しており、ウクライナ国籍11(内9名は乗務員)、イラン国籍82、カナダ63、スウェーデン10、アフガニスタン4、ロシア、イギリス各3名が犠牲になった。
posted by 藤森信吉 at 10:19| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: