2020年01月23日

世論のEU・NATO加盟支持、相変わらず高水準

 こちらにウクライナ世論調査の結果が掲載されているので簡単に紹介。
・ラズムコフ・センターおよびデモクラティック・イニシアチブ財団の共同調査、2019年12月13-18日、ウクライナ全土(クリミアおよびドンバス被占領地域除く)、2017名を対象。
・ウクライナが進むべき統合路線は?
EU加盟64.2%、ユーラシア経済同盟12.7%、回答困難23.1%
・ウクライナの安全保障にとって最良の案は?
NATO加盟51.2%、ロシア・その他CIS諸国との軍事同盟5.5%、アメリカとの軍事同盟1.5%、軍事的中立26.1%、その他1.6%、回答困難14.1%
・アイデンティティーは?
 居住地域(州)15.6%、ウクライナ国民74.9%、自らのエスニシティー、民族2.6%、ロシア国民0.3%、旧ソ連国民2.7%、ヨーロッパ市民1.2%、世界市民1.5%、その他0.1%、回答困難1.0%
-------
「軍事的中立」の支持率が未だに高いのが驚き。中立国を標榜していたのは独立後10年間だけだし、教化も強くなかったはずだが。
posted by 藤森信吉 at 16:54| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: