2020年01月12日

ナフトガス、シェルの大物を登用

 こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社の財務部長にシェル出身のドリール氏が任命された。
 ぺトルス・ファン・ドリール氏は企業財務の強化、財務政策、ナフトガス社の基本方針策定等に従事する。ドリール氏はシェル社で30年の職歴を有し、子会社の財務顧問からスタートしロイヤル・ダッチ・シェル社の会計担当副社長まで昇りつめた。.
---------
 スペルは Petrus Stephanus van Driel かな? 斯様な大物を引っ張り込んで何がはじまるのでしょうか。LNG基地建設? 
posted by 藤森信吉 at 13:56| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: