2019年12月10日

ゼレンシキーとプーチン、舌戦

 こちらによると、プーチン大統領は、ウクライナのロシア語住民の権利を求めた。
 会談後の記者会見において、プーチン大統領は「ロシア語住民、ドンバスのみならず全ウクライナで民主主義的な同権を享受することに賛成である」と述べた。ウクライナにおいて国民の38%は自らをロシア語話者とみなしているが、来年からロシア語学校はウクライナ語学校に変えられる。ハンガリー語、ルーマニア語、ポーランド語は2023年からだ」と述べた。これに対し、ゼレンシキー大統領は「ロシア語は禁止されていない、ロシア語で生活することも英語で生活することもできる」と反論した。
 また、こちらによると、ドンバスにおける接触線の通行ポイントを増やすことを宣言した。プーチン大統領は「ポイントの増加は、何千もの地域の住民が何時間も待たずにすむようになり、最大限の安楽をもたらす」と述べた。
posted by 藤森信吉 at 14:39| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: