2019年11月16日

プーチン、ウクライナを語る

 プーチン大統領がブラジリアのBRICSサミットに出席後、記者会見を行った。以下、ウクライナ関係の部分のみピックアップ。

Q「ドンバス紛争について年が変わり前にノルマンディーフォーマット会談はあるのか、またゼレンスキーとの1:1の会談はあるのか」
プーチン「ノルマンディーフォーマット以外の会談はありえない。ゼレンスキー大統領がドンバス特別地位に関する別の法を採択するかもしれないと仄聞しているが両人民共和国との合意を得なければ全ては頓挫していまう。シャタインマイヤー様式は内容を記したものではなく単なる手続きを定めたものである。もう一つ、12月31日にドンバス特別地位法が失効する」

Q「今年末にガスプロム・ナフトガス契約が失効するが、ウクライナ経由のガス輸送が停止する脅威を感じているか。またベラルーシとの契約も年末で失効するが、交渉はどうなっているのか」
プーチン「ウクライナとの交渉は幾度も述べているように、ロシアガス輸送についてウクライナ側と協議する用意があるし、ウクライナにガス供給する用意もある、ガス価格はリバース輸入するよりも20-25%安くなる。皆に理解していただきたいのは、リバースは不可能であるということだ。ガスはパイプの半分が一方向へ、もう半分が他方向へ、とはならない。また今日、ナフトガス社がまたもや60億ドル以上を求めて仲裁に提訴しており、事態をエスカレーションしている。EU法に基づく規定は我々も受け入れられるがこれはもっぱらウクライナ側に課せられた問題であり、契約失効はこの点を考慮する必要がある。ベラルーシとの交渉は順調に進んでおり年末までに規定できると思う。
----------
 Газ не может в полтрубы течь в одну сторону, а в полтрубы – в другую.  この認識は正しいのでしょうか。ガスは流れでなく圧力だから、どこから抜くこともできるのでは。 というか、新政権誕生後、ウクライナの二大課題たるドンバス和平、ガス交渉はどちらも合意できていないということに。
posted by 藤森信吉 at 14:09| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: