2019年11月07日

沿ドニエストル、二重国籍をロシアに求める

 ロシア上院の「議会新聞」にクラスノセリスキー大統領のインタビューが掲載されているので簡単に紹介。
 「今日、沿ドニエストルには22万人のロシア国籍人、10万人のウクライナ国籍人、そして20万人いじょうのモルドヴァ国籍人、その他国籍人が住んでいる。ロシア・パスポートを欲しない人は沿ドニエストルにはいないが、障害はモルドヴァもしくはウクライナパスポートを既に所持していることである」とクラスノセリスキー氏は指摘した。90年代、ロシア国籍を入手することは困難であり、また沿ドニエストル外に出るためには、モルドヴァもしくはウクライナ国籍を入手する必要があった。今日、ロシア国籍の入手は二重国籍に問題から困難になっている。
「我々は、沿ドニエストルに対してはロシア国籍を入手できるようにしていただきたいと提案した」とクラスノセリスキー氏は述べた。
--------
 クラスノセリスキーはウクライナ国籍保有者、という噂。
posted by 藤森信吉 at 22:23| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: