2019年11月04日

お金が欲しい君はマリウポリで働こう

 こちらによると、マリウポリ市が最も給与水準が高い地域である。
 ムィロヴァノフ経済商業発展相はfacebook上で「どこが一番給与水準が高いのか? 答えはマリウポリだ」と記した。
大臣によると、国家統計では、マリウポリ市住民は月平均17100フリブナを得ているのに対し、キエフ市は15561フリブナ、ドニプロは10094フリブナであり、以下、オデッサ、ハリキフと続く。また、jobs.uaサイトによると、一位はキエフ市の13900フリブナナであり、以下、ハリキフ、オデッサ、ドニプロ、マリウポリと続く。



----------
 危険地手当みたいなものでしょうか。夏はすぐ近くのベリジャンシククリミア半島の海岸でのんびり!
人口減っているはずだから住宅費は安いはずだが、その他の消費者物価は高そう。
posted by 藤森信吉 at 18:17| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: