2019年10月28日

沿ドニエストルも冬時間に突入

 こちらによると、27日、沿ドニエストルで冬時間への移行が行われた。
 冬時間への移行は隣国ウクライナ、モルドヴァやほとんどのヨーロッパ国で実施されているが、ロシアは2011年に実施を取りやめている。アブハジア、南オセチア、アゼルバイジャンでも2016年に、ベラルーシでは2011年に、ジョージアとカザフスタンでは2005年に冬時間の実施が取りやめられた。
--------
ロシアに迎合することなくソ連時代のシステムを頑なに守る沿ドニエストル・・・と思ったが、単にウクライナとモルドヴァに合わせているだけか。因みにドネツク人民共和国・ルガンスク人民共和国はモスクワ時間を採用しているから冬時間はなし。夜間外出禁止令があるからいずれにせよ夜の経済活動は停止しているけど。
posted by 藤森信吉 at 20:31| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: