2019年10月27日

1000フリブナ札、流通開始

 ウクライナ国立銀行によると、10月25日から1000フリブナ銀行券の流通が開始された。
 1000フリブナ札は既報通りヴォロディミール・ヴェルナツィキーの肖像が表面にフィーチャーされている。ウクライナ国立銀行総裁は「彼は歴史家・自然科学者、数多の科学アカデミー支局の創設者としてウクライナの歴史に貢献を行った。彼はまた、1918年創設のウクライナ科学アカデミーの創設者のひとりであり初代総裁でもある」とその意義を述べた。1000フリブナ札の裏面はウクライナ科学アカデミービルである。1000フリブナ札は75mm×160mmで他の札と大きさが異なっている。



----------
 1000フリブナ=40米ドル。なかなかの高額紙幣ですな。
ヴェルナツィキー(ヴェルナツキー)はウクライナ人なのかロシア人なのか判別できない。ロシア帝国時代のサンクト生まれ。wikipediaでは、ウクライナ版のみ、民族籍:ウクライナ と書いてある。
posted by 藤森信吉 at 22:14| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: