2019年10月18日

ガスプロム「直接供給で20%安くなる」

 こちらによると、ミレル・ガスプロムCEOは「ウクライナ向け直接供給が実現した際には20%安くなる」と発言した。
 ミレルCEOはメドヴェージェ首相と会談した際、「西欧からのリバース供給より我々の供給の方が著しく安価である。ウクライナの末端消費者は現行レベルから20%安くなる可能性がある」と指摘した。また、ミレル氏は、ロシアが必要量を確保するためにウクライナは購入の意思があるのか、購入量はどれだけか確定する必要があり、また、2020年1月1日までに独立したガス輸送オペレーター、独立した規制といった法律を確立する必要があり、これこそが新輸送契約に至る唯一の道である」と述べた。
 首相は、ウクライナでは政権交代にもかかわらず、リバース購入が続けられており、一般のウクライナ国民は25%余計に支払わされている、と述べた。
----------
posted by 藤森信吉 at 23:15| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: