2019年09月27日

112.ua、放送権剥奪

 こちらによるとウクライナテレビラジオ国家会議は 112ua局の放送権をはく奪した。
 国家会議は、112ウクライナの地方局5局のデジタル放送権の更新を拒否した。同局の地方中継局が地元のジャーナリズムを無視し、また頻繁にプログラムを変更し、情報分析番組の放映時間を増していた。また、システム的に放映権の条件を侵害し、2014年以来、複数の警告を受けていた。空いた帯域は近日中にオークションにかけられる。
112ウクライナは 検閲であり、ウクライナに報道の自由が存在することを疑わせる決定である、今後は衛星、ケーブルとインターネットで放送を継続する、とした。また、今回の決定は、委員が既に人気を終えている中での決定であり非合法であり、かつ客観的・真実の情報を潰そうとする政権の姿勢を示している、新政権は民主主義社会をウクライナに建設する用意がない、と批判した。
---------
臣民はインテルだけ見てろ112uaはメドヴェドチューク同志系のメディア。マイダン革命以降、一貫して反政権側なので、ウォッチャー必見。
posted by 藤森信吉 at 13:08| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: