2019年09月25日

モルドヴァ、沿ドニエストル企業の銀行口座を封鎖

 こちらによると、沿ドニエストル政府は発電企業(MGRES)に対し、収入の95%をドル建てで沿ドニエストル国庫に強制売却させる法律案を議会に提出した。
 これはモルドヴァ側が沿ドニエストルの企業が持つ銀行口座を閉鎖したことに対する対応である、とモルドヴァ社会民主党のシェリン氏は述べている。彼によると、沿ドニエストルはモルドヴァの銀行による口座の閉鎖により、通貨不足となり、軍人への支払いや食料輸入にも事欠くことになる。モルドヴァを最近訪問したコザーク・ロシア副首相とバトルシェフ・両国政府間委員会共同代表は銀行口座閉鎖については全く言及しなかったため、モルドヴァ側は、モスクワがこの措置を承認しているとの解釈に傾いている。この目的は、ドドン大統領がモルドヴァ側との政治的統合交渉に沿ドニエストル側を就かせるためである。また、シェリン氏は、この措置はアメリカの合意も得ているとみている。ドドン大統領もサンドゥ首相も定期的に駐モルドヴァ・米大使と会談している。
 沿ドニエストル大統領が、法案提出について「沿ドニエストル銀行のモルドヴァ通貨市場へのアクセス制限に関連して」として、「26日までに法律改正する」としていることは、モスクワに対するシグナルを意味している。26日に沿ドニエストル大統領はコザーク・ロシア副首相とモスクワで会談する予定である。
 モルドヴァ国立銀行は、口座封鎖は、沿ドニエストル法人の二口座だけである、としているが、クラスノセリスキー大統領は、「MMZを含む一連の沿ドニエストル企業の口座を封鎖し、新口座を開くことを許可しない」と述べている。クラスノセリスキー大統領はモルドヴァの米大使やEU諸国の大使に、モルドヴァ政府に影響力を及ぼすことを求める親書を送り、また「5+2」参加・オブザーバー国がこの銀行問題で連帯するよう呼び掛けた。
---------
 いつの間にこんなことが… MGRESは2020年初から文字通りガス欠になる可能性があり、沿ドニエストル包囲網が進行している感あり。何度も言うけど、ロシアは統合派ですよ〜
posted by 藤森信吉 at 13:21| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: