2019年06月21日

プーチン直接対話2019

こちらにプーチン直接対話の全文が掲載されているので、興味深い点のみピックアップ。

・「ドンバスの特性地区住民に対するロシア国籍取得を簡素化する大統領令に署名されたが、他の地区住民もロシアに住んでいる。彼らは対象とされていない」
プーチン「ロシアにいるウクライナ国民を対象とした他の法文がある。私は進捗を見守っており、改正の用意がある。ウクライナ国民は、必要書類をウクライナでしか受け取れずこれが障害となっている」
プーチン「ゼレンスキー氏はパリで分離主義者たちとは交渉しない、と述べた。どうやって問題を解決しようというのだろうか。ウクライナ軍の攻撃は強まっており、選挙公約どころかミンスク合意にも反している。封鎖も強化されている。ウクライナ政権側の政治的意思が必要だ」

・メドヴェドチューク氏はロシアで自由をはく奪されているウクライナ国民の釈放を要請したのか?
プーチン「メドヴェドチューク氏は前大統領の委任でこの問題に従事していた。彼はウクライナ海軍兵士の釈放問題について提起したが、この問題はウクライナにいるロシア国民の釈放問題と併せて複合的に解決されるべきだ」
--------
 国籍付与に関する質問が多く、プーチン的にも力を入れている政策であることが分かる。メドヴェドチュークの名前まで登場するとはびっくり。
posted by 藤森信吉 at 14:43| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: