2019年06月13日

外相交代

 こちらによると、ゼリンシキー大統領は、クリムキン外相の更迭とワジム・プリスタイコ氏を外相に推挙する文書に署名した。
-------
 憲法上の権限で大統領は国防相と外相の人事を議会に提出できる。新大統領は必ず外相を更迭するが、後任は外務次官であることがほとんどなので、単なる定期昇格ではないかと思うこの頃。プリスタイコ氏はカナダ大使、外務次官や駐NATO代表を歴任してきたので順当な人事かと。
wikipediaによる経歴はこのへん
posted by 藤森信吉 at 21:51| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: