2019年06月06日

ドドン「沿ドニエストルのガス代は払わない」

 こちらによると、ドドン大統領は、沿ドニエストル地域分の天然ガスを払うつもりはない、と述べた。
 ドドン・大統領は、モルドヴァおよび沿ドニエストルを訪問したコザーク・ロシア副首相と会談した。その翌日、NTV-Moldova局とのインタビューにおいてドドン大統領は「沿ドニエストル地域のガス債務は非常に深刻な問題だ。我々は支払ったことはない。右岸で消費されたガスは恒常的に支払われているが、これは左岸のガス債務だ。この問題は協議が必要だ」と述べた。
 また「新年以降にロシアガスがない、というリスクがある。ウクライナ経由のロシアガス輸送が縮小する問題が協議されていることも知っている。他の供給源で以てこの問題を解決しようと試みているがなかなか難しい。沿ドニエストルについてはこれ以上、ロシアの無料ガスを受け取れない。この地域の状況は根本的に変わる。沿ドニエストルもだ」と述べた。また2020年1月1日にガスプロムの供給契約が失効することについて「政府はいかなる新契約を結ぶべきか頭にないようだ。経済相がガスプロムに親書を送ったが、ガスプロムとの協議は何もなされていない」と閣僚会議を批判した。



---------
 払う義務があるとか以前におっしゃっていたような・・・
posted by 藤森信吉 at 10:48| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: