2019年05月21日

ゼレンシキー 大統領に就任

 こちらにゼレンシキー氏の大統領就任宣言が掲載されているので興味深い点のみピックアップ。
・ウシホロドからルハンスクまで、チェルニヒフからシンフェローピリまで、リヴィウ、ハリキフ、ドネツィク、ドニプロ、オデッサ、我々はウクライナ人であり、一つである。
・最初の課題はドンバス停戦である。如何なる対価を払い自らの支持率を下げても停戦を実現させる用意がある。私の立場は、我々の領土を失わない限りにおいて和平である。
・クリミアとドンバスはウクライナの地である。
・国のために犠牲となっている人々を政府が敬わないようでは強い軍とはいえない。NATOスタンダードという前に自らのスタンダード、安定した俸給、生活水準、休暇を構築しなければならない。
・戦争以外でも、公共料金の値上げ、給与、年金の低さ、インフレ、失業、保健医療の問題がウクライナ人を悩ませている。
・過去28年で政治家は賄賂と横領の国を作り上げてきた。私は別の国、法の下での平等、をつくりあげたい。私の肖像写真を諸君のオフィスに掲げないでほしい。大統領はイコンやアイドルではない。
・議員諸君には以下の決定を求めたい
 不逮捕特権の剥奪、違法に富を築いた者に対する刑事罰、比例区の非拘束名簿導入
 ウクライナ国家安全保障局議長・検事総長・国防相の解任
・ウクライナ最高会議の解散を宣言する
-----------

 煽りまくり。あとスイッチャーは自前っぽい感じ。
posted by 藤森信吉 at 13:45| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: