2019年04月14日

ウクライナ、EUのエネルギーシステムとの統合計画を進行中

 フロイスマン首相は議会において「ロシアのブロックを想定して、ウクライナをEUのエネルギーグリッドと統合させる行動計画を実施している」と述べた。
 議会における「政府への質問時間」において、首相は「エネルギー部門におけるEUとの統合深化の国内過程を進行させている。これは昨年末のEU-ウクライナサミットで謳っていたことだ。ロシアがあらゆる機会を用いてウクライナのガス輸送システムを封鎖にかかることは明らかだ」と述べた。また、ガス輸送の継続については、ロシアが他の行動、例えば、エネルギー供給を停止した場合、プランBがあるが、問題は複雑になる、と述べた。
posted by 藤森信吉 at 20:23| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: