2019年03月27日

「1+1」とポロシェンコ陣営の対立激化

 こちらによると「1+1」は、「取材に基づく事実である」として大統領陣営の批判に反論した。
 「1+1」グループは声明で「全ての事実は記者の取材に基づくもので、司法過程で事実と証拠で自らの正しさを証明する用意がある」と述べた。また、大統領側からの対応は「現政権の弱さと根拠のない立場を表すと同時に、現大統領が受け入れようとしないメディアの独立、報道の自由に対する圧力である」とした。
----------

 ↑「1+1」の反ポロシェンコ番組は強烈ですな。さて、「1+1」と「5」のどちらが上なんでしょうか。
posted by 藤森信吉 at 19:03| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: