2019年03月20日

白熱する2位争い

 世論調査会社レイティング社の最新の調査によると、ポロシェンコの支持率が3位に後退した。
・2019年3月9-15日、ウクライナ全土(被占領地域除)2500名対象
・ウクライナは、正しい方向に進んでいる16%、正しくない方向に進んでいる69%、回答困難15%
・3月31日の大統領選挙での投票先(投票に参加し、投票先が決まっている層)
ゼレンシキー24.9%、ティモシェンコ18.8%、ポロシェンコ17.4%(以下略)
・決選投票での投票先
ポロシェンコ(19%)vs ティモシェンコ(28%)
ゼレンシキー(35%)vsティモシェンコ(22%)
ゼレンシキー(39%)vsポロシェンコ(19%)
--------
 ゼレンシキー、圧倒的に有利。どの世論調査でも、3月に入ってポロシェンコの支持率が下がってます。謎のタイミングで浮上した国防産業やら政府高官の汚職が影響しているようです。
 どうでもいいことですが、レイティング社のテキストはウクライナ語なのにhtmlファイル名はロシア語(.…9-15_marta_2019.html)。さすがにネットのURLはウクライナ語化の対象ではないようです(笑
posted by 藤森信吉 at 20:26| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: