2019年03月15日

ドドン、沿ドニエストルをdisる

 こちらに、ドドン・モルドヴァ大統領のインタビュー記事が掲載されているので興味深い点をピックアップ。
・先のモルドヴァ議会選挙の投票結果は、社会に何か変化があったことを示しているのか?
ドドン「スポイラーによって左翼は20%余りを失った。世論調査ではロシアとの友好関係を望む層は50%を超えている。内30%は社会党が獲得したが残り15-20%は下位候補に流れてしまった。住民の過半数はロシアとの友好関係に賛成し、親モルドヴァに利益を見出している」
・沿ドニエストル政府は紛争解決に近付いているとのあなたの主張を激しく批判している。
ドドン「私はモルドヴァ政府内での統一的な立場がないことが沿ドニエストル側との合意を損なっている、と繰り返し述べているだけだ。議会で多数派が形成されれば2-3年以内に歴史的な機会が来るはずだ。これまで、大統領・議会議長・首相間に対沿ドニエストル政策の単一的立場はなかった。沿ドニエストル側はモルドヴァ民主党を推して社会党を攻撃することでモルドヴァ内に混乱を生じさせようとしている。しかしそのような策は失敗する。統合以外の道はない」
・沿ドニエストルは伝統的に親ロシア路線だが
ドドン「沿ドニエストル側は『モルドヴァは反ロシア・親NATO政権が支配している』という単純な計算に基づいている。その方がロシアから援助を得られるからだ。モルドヴァで親モルドヴァ政権が誕生し、ロシアとの友好関係を主張すると、沿ドニエストルにとって不利となる。従って彼らは反ロシア・反ユーラシア経済共同体を主張する政治勢力を推すのだ」
----------
 私は常々「モルドヴァで親ロ派政権が成立すれば沿ドニエストルは見捨てられる」と主張してきたが、ドドン同志も同意見で嬉しい限りだ(笑)。この文脈からいくと、来るウクライナ大統領選挙で、人民共和国政府は、域内住民を動員してポロシェンコ候補に投票させるべきである。


posted by 藤森信吉 at 12:41| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: