2019年01月26日

アクショーノフ「2018年のクリミア観光客は680万人」

 こちらによると、アクショーノフ・クリミア共和国元首はinstagram上において「昨年度、クリミアで680万人の観光客が休暇を過ごした。これはソ連崩壊後の新記録であり、前年比28%増である。新年の休暇をクリミアで過ごした人は19万人で前年比40%増である。47%がクリミア橋経由、37%が空路、16%がウクライナとの国境から来た」と記した。
 アクショーノフ氏は「第一にクリミア橋とシンフェローポリ空港新ターミナルの開通が交通アクセスを著しく改善した。第二に観光部門における官民の協働である。第三にホテルのサービス改善と海岸数の増加である」と客数増加の理由を説明した。「クリミア橋の鉄道開通後には、観光客数はさらに増えると確信している。我々のインフラをこれに対応させねばならない」と結んだ。

 


 
posted by 藤森信吉 at 19:35| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: