2018年12月26日

ルガンスク人民共和国、南オセチア共和国と友好条約調印!

 こちらによると、南オセチア共和国とルガンスク人民共和国との間で友好協力相互援助条約の批准書の交換が行われた。
 20条によれば、批准書の交換日に条約の効力が発揮される、と記されている。同等の権利から成るオセチア語とロシア語、二部からなり、両国外相が出席した。
 2017年5月11日には、ドネツクにおいて同様の条約が調印され、10月24日に南オセチア議会が批准ねドネツク人民共和国議会が12月14日に批准していた。 
---------------
18日にルガンスク人民共和国元首が南オセチアを訪問して友好協力相互援助条約に調印。こんな短期で批准書の交換を急いだ理由は不明。しかしルガンスク市からツヒンヴァリ市までどうやって行くのだろうか・・・
posted by 藤森信吉 at 00:26| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: