2018年11月21日

野党ブロック党、分裂か

 こちらによると、ボイコ代議員およびラビノヴィッチ代議員が「野党プラットフォルム-生活のために」創設を発表した。
 「今日、野党プラットフォルム-生活のために」は前進し、「野党ブロック-ポロシェンコのために」は後ろに下がった。我々は前進することを社会から求められている。19名の議員が既に議員会派に集まっており、その数は増えると思えう」とボイコ最高会議議員は述べた。
 またボイコ氏は「基本方針内では、ウクライナは軍事ブロック外国家であると記される。NATOにもEUにも理論的には加盟できるが、物事を直視し、寓話を語ってはならない。我々はヨーロッパに至らず、そして関税同盟も不要というのであれば、我々は中立国をつくりあげねばならない」とラビノヴィッチ代議員は述べた。
 11月9日にに、ボイコとラビノヴィッチは「野党プラットフォルム-生活のために」創設に関する合意書に調印した。結集した野党勢力の大統領選挙候補者にボイコを推している。  
---------
野党ブロック党は、リョボーチキンとボイコを会派リストから除名。しかしHPにはボイコやリョボーチキンの主張も堂々と載せられていて、野党ブロック党はどうなっているのか、さっぱり分からない状態。
posted by 藤森信吉 at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: