2018年11月18日

EU、モルドヴァへの援助金をカット

 こちらによると、欧州委員会はモルドヴァ向け財政支援を2000万ユーロ減額中である、と発表した。
 EUの財政支援は、2017-18年の2年間で1.4億ユーロが予定されていたが、法の支配と民主化の後退が懸念されていた。欧州近隣政策担当委員のヨハネス・ハーンは1億ユーロのマクロ金融支援が7月に凍結されているが、依然として凍結中である、と述べた。本決定は、欧州議会が「オリガルヒによってステート・キャプチャーされている」旨モルドヴァ非難決議を採択した翌日に公表された。ハーン委員によると、この決定は、モルドヴァ人ではなく、政府に対する罰則であるが、当局が首都の首長選挙の無効決定や2014年に銀行から送金されて消えた10億ドル問題等に応えるのであれば、決定は撤回される、とした。また、2014年に導入されたモルドヴァ市民に対する査証免除体制をEUがキャンセルするとの懸念については、「目下、検討されていない」と述べた。
-----------
来たるモルドヴァ議会選挙で、親ロ派(この用語は余り使いたくないが)が勝利するとモルドヴァのロシア寄り政策が確実になる。かといって親欧派(この用語は自称しているのでOKw)はオリガルヒがスポンサーなので困る、というジレンマ。ウクライナの場合、ヤヌコヴィッチ一派の方が腐敗していたが。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 17:51| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: