2018年10月28日

アフメトフ、資産激増中

こちらによると、ウクライナ一の大富豪アフメトフは資産額を76%増加させた。
  ノーヴォエ・ヴレーミャ誌とDragon Capitalとの共同調査によると、2018/2017比でウクライナ富豪トップ100の資産は、ウクライナGDP成長率の12倍 のスピードで拡大している。
2つの現実がある。GDP成長要因の一つはIMFの融資であり、ウクライナ経済は壊滅を免れたが、現在、交渉が難航している。第二に、ウクライナ富豪トップ100は、昨年33%、そして今年は43%資産を増加させ、375億ドルを有している。これはウクライナ国家債務額の半分に匹敵する。
 また、世界の原材料市況の好況にも助けられ、冶金や鉄道製品の需要が増えた。トップ10の内7名は低付加価値製品工場の株式を持っている。
 ウクライナ1のアフメトフ氏は、資産を76%増加させ資産額は122億ドルとなった。コロモイシキー、ボホリュボフ、マルティニフはプラヴァト銀行の国営化によって資産を失ったが、鉄鋼ビジネスによって自らの順位を取り戻した。
--------
1位アフメトフ、2位ピンチューク、3位ノヴィンシキー。ポロシェンコは6位、フィルターシは14位。詳細はリンク先を参照。
ドンバス内戦とヤヌコヴィッチ失脚でアフメトフは終わった、と思ったのだが、実に見事な回復ぶり。
posted by 藤森信吉 at 14:41| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: