2018年10月20日

IMF、融資再開でウクライナと合意

 IMFによると、ウクライナ当局と新たなスタンドバイ合意(SBA)に至った。
 新しいSBAは28億SDR(約39億ドル)の引き出し権を与えるもので、IMF側のガス料金値上げ要求を加味した2019年予算案の可決を見込んでいる。
--------
 リンク先(英文)を参照。ガス料金の10日間延長はこれでしたか。
posted by 藤森信吉 at 10:13| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: