2018年10月16日

キエフ市、15日から暖房シーズン入り

 こちらによると、15日からキエフ市は暖房シーズンに入る。
 キエフ市行政府は、天気予報および次週の気温低下を考慮して15日から暖房シーズン入りする決定を行った。集中暖房網は2900kmに及ぶため、数日前から準備をする必要がある。
 数か月にわたり不通だったお湯の供給も再開される。熱供給センター6号炉に天然ガスが供給された。キエフ副市長は「キエフ熱供給エネルゴ」は、ガス特別価格で天然ガスを受領する契約を結んだ。3、4日以内にお湯が再開される」と述べた。また、天然ガス供給に際しては、ナフトガス社は、債務のうち、24億フリブナに達する延滞・利息金を帳消しにする和解を結んだことも明らかにされた。
-----------
ガス特別価格は18日に引き上げられる可能性があり、そうなると、再び熱供給公社の債務が累積してガス止められそうなのですが。集中暖房型の地域熱供給システムは、「エネルギーは、各戸が個別に消費するより、地域全体でまとめて使ったほうがムダがありません」と謳われているが、配管の放熱とか考えると、本当はどうなのだろうか。
posted by 藤森信吉 at 15:10| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: