2018年07月30日

採算がとれる炭鉱は4つだけ

 ウクライナ閣僚会議によると、フロイスマン首相は、ウクライナには国営炭鉱が102あり、うち4炭鉱のみが採算がとれている、と述べた。
 国営炭鉱102のほとんどはATO実施地域内にあり、地域外の炭鉱は33であった。上5か月で国営炭鉱は185万2900トンを産出したが、これは計画のマイナス3.6%、前年同期比のマイナス7.6%であった。他方で産出額は前年同期比30.5%増だった。首相は、ウクライナは石炭増産と輸入減らしが不可欠であり、損益分岐点と生産近代化の導入が不可欠である、とした。炭坑維持のための国家補助は年10億フリブナを超えており、7月半ばにはウクライナ最高会議が遅配支払用に14億フリブナを新たに割り当てる国家予算改正案を承認していた。

posted by 藤森信吉 at 13:27| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: