2018年07月21日

沿ドニエストルの有権者は41万人

 こちらによると、2018年7月1日現在の沿ドニエストルの有権者数は41万4162人だった。
 中央選挙管理委員会によると一年半前に比べ1200人増加している。これは、移出人口が増加せず、他方で成人人口も増えていない結果である。今年度、沿ドニエストルでは、9地区で地方議会選挙が行われ、9月にはロシア下院選の投票が行われる。
 一方、こちらによると、中央選管の2017年1月1日時点のデータでは有権者数は41万9589人と記されており、有権者数は5427名減ということなる。2015年時点で沿ドニエストルには47万5700人が居住しており、2004年比で7万9700人減(マイナス14.3%)となっている。2017年末時点では46万9千人が居住している。

-------
 未承認国家は公称人口を盛る傾向にあるのだが、これは酷いw (私が見つけたのではなく、モルドヴァのメディアが突っ込み) 。あと、人口47万人、有権者41.5万人という、未成年者がほとんどいない人口構成もすごい。出稼ぎ国家なので実際の数字は誰も把握できないのだが、未成年人口から見て実人口30万人あたりが現実的な数字ではないだろうか。

posted by 藤森信吉 at 12:51| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: